毎日を1%ずつ新しく生きる! 刺激と感動のマガジン&ストア

3月30日(木)14時~20時にシステムメンテナンスを行います

★がついた記事は無料会員限定

2016.07.13

「ベッキーの誤算」第1回

日本の社会では「システム」からはずれた行動を起こすと、集団から排除される。ベッキーは、”読み”を誤った!?

岩波 明

日本の社会では「システム」からはずれた行動を起こすと、集団から排除される。ベッキーは、”読み”を誤った!?

幻冬舎新書『他人を非難してばかりいる人たち バッシング・いじめ・ネット私刑』が評判の精神科医・岩波明氏が、とどまるところを知らない日本人の不寛容性にメスを入れます!
毎日が猛スピードで過ぎていく昨今、去年末から話題になっていたベッキー問題は、もう古いと思う人もいるかもしれませんが、あえてここで言っておきたい。
あのバッシングは、実は的外れで、あまりに過剰ではなかったか――?

*   *   *

 日本の社会には、堅苦しく息苦しいという側面がある。この点に関して、多くの人が程度の差こそあれ、自覚していると思う。もちろん、このことが常にマイナスに作用しているわけでなく、だから無くなった方がいいと言うつもりもないのだけれども、ただ、この「息苦しさ」の程度が最近になって増しているように感じられるのは否めない。
 なぜ、日本の社会は堅苦しく息苦しいのか――。

ログイン

ここから先は会員限定のコンテンツ・サービスとなっております。

無料の会員登録で幻冬舎plusを更に楽しむ!会員特典をもっと見る

会員限定記事が読める

バックナンバーが読める

電子書籍が買える

イベントに参加できる

★がついた記事は無料会員限定

関連書籍

岩波明『他人を非難してばかりいる人たち』
→試し読み・電子書籍はこちら
→書籍の購入はこちら(Amazon)

記事へのコメント コメントする

コメントを書く

コメントの書き込みは、会員登録とログインをされてからご利用ください

この記事を読んだ人にはこんな記事もおすすめです
  • 我欲にまみれた20兆円産業の闇を突く。
  • 過去最大ボリュームでお届けする、著者渾身の一作!
  • 夫との最後の日々が教えてくれた、人生の真実。
  • 新聞にこそ、世の中の仕組みが詰まっているのです!
  • 爆笑、号泣。こんな猫本ずるすぎる! !
  • このまま足踏みはしていられない――。
  • “イヤミスの女王”との呼び声高い真梨幸子の作品はこちら
  • ひたむきにあがき続ける女性を描いた、胸が締め付けられる短編集
  • 心に「ない」を抱える人々を痛いほど繊細に描いた代表作
  • 愛する父母との最後を過ごした“すばらしい日々”
よく生きることと、よく死ぬことは、同じこと。
ピクシブ文芸、はじまりました!
エキサイトeブックス
今だけ!プレゼント情報
かけこみ人生相談 お悩み募集中!