学生時代から注目され、テレビに出演したり本を出したりと活躍する姿を見たら、自信があるように見えるはあちゅうさん。しかし、実は、そうではないと言います。仕事に取り組むとき、不安な気持ちと仕事の満足と、どう折り合いをつけているのでしょうか?

いつも自信が無いまま書いている

ツイッターでラノベ作家の榊一郎氏(@ichiro_sakaki)が

"そういえば、以前、某同業者氏と話していて――「100%満足出来る原稿を書けているか」みたいな問いに「そんなもん書けてたらもうこの仕事止めてる」「『完全な玉稿』みたいなのがこう、何処かにあって、届かないまでも必死にそれににじり寄ってるイメージ」との答えに非常に共感したなあ。"

(https://twitter.com/ichiro_sakaki/status/420931819723583488)

とつぶやいていて、
自分が思っていたことが文字化される
ことの気持ちよさを味わった。

ここから先は会員限定のコンテンツです

幻冬舎plusの会員登録(無料)をすると…すべての会員特典を見る
  • 会員限定の記事が読み放題に
  • 会員限定イベントに参加できる
  • プレゼント抽選に参加できる
  • ストア利用でポイントが貯まる

会員の方はログインして続きをお楽しみください

この記事をシェア
この連載のすべての記事を見る

★がついた記事は無料会員限定

はあちゅう/藤沢数希『男と女がいつもすれ違う理由』
はあちゅう『かわいくおごられて気持ちよくおごる方法』
はあちゅう『わたしは、なぜタダで70日間世界一周できたのか?』
はあちゅう/DJあおい『言葉で心をつかむ。 私たちが考えていること、続けていること。』