余白の力・歌舞伎編最終回は、超歌舞伎で横澤氏が表現したかった江戸時代の芝居小屋の絵から始まり、本番直前にエンディングを変えたことで超歌舞伎が取り戻した「歌舞伎の方法論」が語られる。横澤氏が生まれて初めての歌舞伎体験で見出したものは何だったのか。

*  *  *

横澤 ぼくは、この絵を見て超歌舞伎を作ったんですよ(と江戸時代の歌舞伎の芝居小屋の風景を描いた浮世絵を見せる)。

「歌舞伎」(2016年5月22日 (日) 13:37 UTCの版)『ウィキペディア日本語版』より

 この景色をどういう風にでも再現するかが最終目標だったんです。だからこそ、僕が凄くこだわったのは、スタンディングオベーションをどう作るかだったんですよ。

斎藤  スタンディングオベーション! 日本語にはぴったりな単語がなぜか見当たらない外来語の一つですね。

横澤 当時の歌舞伎は、今で言うフェスに近かったと思ったんです。好きな演目もあれば、ちょっと苦手な演目もあったり。タルいなと思ったり、でも違うシーンでは超楽しくて思わず立ち上がって「イエイ」とか叫んだり。お酒飲んだり、ごはん食べながらでも観ているという、自由な空間で。そこの空間がテーマパークであり、自分たちの最高のエンターテインメントを享受できる場所だったんじゃないか、という感覚を受けたんですよ、この絵を見た時に。

ここから先は会員限定のコンテンツです

幻冬舎plusの会員登録(無料)をすると…すべての会員特典を見る
  • 会員限定の記事が読み放題に
  • 会員限定イベントに参加できる
  • プレゼント抽選に参加できる
  • ストア利用でポイントが貯まる

会員の方はログインして続きをお楽しみください

この記事をシェア
この連載のすべての記事を見る

★がついた記事は無料会員限定

関連書籍

斎藤由多加『社長業のオキテ ~ゲームクリエイターが遭遇した会社経営の現実と対策~』
→書籍の購入はこちら(Amazon)


サイトウ・アキヒロ『ゲームニクスとは何か 日本発、世界基準のものづくり法則』
→試し読み・電子書籍はこちら
→書籍の購入はこちら(Amazon)