毎日を1%ずつ新しく生きる! 刺激と感動のマガジン&ストア

★がついた記事は無料会員限定

2016.07.27

超歌舞伎の原点にあった一枚の絵

斎藤 由多加/横澤 大輔

超歌舞伎の原点にあった一枚の絵

 余白の力・歌舞伎編最終回は、超歌舞伎で横澤氏が表現したかった江戸時代の芝居小屋の絵から始まり、本番直前にエンディングを変えたことで超歌舞伎が取り戻した「歌舞伎の方法論」が語られる。横澤氏が生まれて初めての歌舞伎体験で見出したものは何だったのか。

*  *  *

横澤 ぼくは、この絵を見て超歌舞伎を作ったんですよ(と江戸時代の歌舞伎の芝居小屋の風景を描いた浮世絵を見せる)。

「歌舞伎」(2016年5月22日 (日) 13:37 UTCの版)『ウィキペディア日本語版』より

 この景色をどういう風にでも再現するかが最終目標だったんです。だからこそ、僕が凄くこだわったのは、スタンディングオベーションをどう作るかだったんですよ。

斎藤  スタンディングオベーション! 日本語にはぴったりな単語がなぜか見当たらない外来語の一つですね。

横澤 当時の歌舞伎は、今で言うフェスに近かったと思ったんです。好きな演目もあれば、ちょっと苦手な演目もあったり。タルいなと思ったり、でも違うシーンでは超楽しくて思わず立ち上がって「イエイ」とか叫んだり。お酒飲んだり、ごはん食べながらでも観ているという、自由な空間で。そこの空間がテーマパークであり、自分たちの最高のエンターテインメントを享受できる場所だったんじゃないか、という感覚を受けたんですよ、この絵を見た時に。

ログイン

ここから先は会員限定のコンテンツ・サービスとなっております。

無料の会員登録で幻冬舎plusを更に楽しむ!会員特典をもっと見る

会員限定記事が読める

バックナンバーが読める

電子書籍が買える

イベントに参加できる

★がついた記事は無料会員限定

関連書籍

斎藤由多加『社長業のオキテ ~ゲームクリエイターが遭遇した会社経営の現実と対策~』
→書籍の購入はこちら(Amazon)


サイトウ・アキヒロ『ゲームニクスとは何か 日本発、世界基準のものづくり法則』
→試し読み・電子書籍はこちら
→書籍の購入はこちら(Amazon)

記事へのコメント コメントする

コメントを書く

コメントの書き込みは、会員登録とログインをされてからご利用ください

この記事を読んだ人にはこんな記事もおすすめです
  • ひたむきにあがき続ける女性を描いた、胸が締め付けられる短編集
  • 心に「ない」を抱える人々を痛いほど繊細に描いた代表作
  • 愛する父母との最後を過ごした“すばらしい日々”
  • 日本人よ、挑戦に身を投げろ!
  • 今まで明かしてこなかった「若さを保つ」ための整体の知恵を惜しげなく公開!
  •  終電族のみなさん、おつかれさまです!
  • 俺はまだ、神に愛されているだろうか?
  • 二人は運命を共にし、男を一人殺すことにした
  • 激動の戦後政治を牽引した田中角栄の、生き様
  • 全五巻構想、大河小説第一弾!!
心に「ない」を抱える人々を痛いほど繊細に描いた代表作。
ピクシブ文芸、はじまりました!
エキサイトeブックス
今だけ!プレゼント情報
かけこみ人生相談 お悩み募集中!