毎日を1%ずつ新しく生きる! 刺激と感動のマガジン&ストア

3月30日(木)14時~20時にシステムメンテナンスを行います

★がついた記事は無料会員限定

2016.07.20

アヴァンギャルドな歌舞伎と古典の継承

斎藤 由多加/横澤 大輔

アヴァンギャルドな歌舞伎と古典の継承

歌舞伎が持つ自由さが、歌舞伎というフォーマットのまま初音ミクと拮抗することを可能にした超歌舞伎「今昔饗宴千本桜」。そのプロデューサー横澤大輔氏と、脚本を担当した松岡亮氏に、斎藤由多加氏による、伝統と新しさの共存についての疑問がぶつけられる、余白の力・歌舞伎編第二回。「型」とは何なのかが解明される。

*  *  *

斎藤 何故、今回の超歌舞伎のような、言わばアバンギャルドな歌舞伎が、他にはあんまりないのは何故なんですか?

松岡 歌舞伎がもうアバンギャルドだからと思います、ある種。

斎藤 でも普段は歌舞伎座とかでずーっとやられてて、幕張メッセみたいなのはあんまりないじゃないですか。そういうのドンドンやった方がいいって話でもあるじゃないですか。でも、何で無いんですかね。

ログイン

ここから先は会員限定のコンテンツ・サービスとなっております。

無料の会員登録で幻冬舎plusを更に楽しむ!会員特典をもっと見る

会員限定記事が読める

バックナンバーが読める

電子書籍が買える

イベントに参加できる

★がついた記事は無料会員限定

関連書籍

斎藤由多加『社長業のオキテ ~ゲームクリエイターが遭遇した会社経営の現実と対策~』
→書籍の購入はこちら(Amazon)


サイトウ・アキヒロ『ゲームニクスとは何か 日本発、世界基準のものづくり法則』
→試し読み・電子書籍はこちら
→書籍の購入はこちら(Amazon)

記事へのコメント コメントする

コメントを書く

コメントの書き込みは、会員登録とログインをされてからご利用ください

この記事を読んだ人にはこんな記事もおすすめです
  • 我欲にまみれた20兆円産業の闇を突く。
  • 過去最大ボリュームでお届けする、著者渾身の一作!
  • 夫との最後の日々が教えてくれた、人生の真実。
  • 新聞にこそ、世の中の仕組みが詰まっているのです!
  • 爆笑、号泣。こんな猫本ずるすぎる! !
  • このまま足踏みはしていられない――。
  • “イヤミスの女王”との呼び声高い真梨幸子の作品はこちら
  • ひたむきにあがき続ける女性を描いた、胸が締め付けられる短編集
  • 心に「ない」を抱える人々を痛いほど繊細に描いた代表作
  • 愛する父母との最後を過ごした“すばらしい日々”
よく生きることと、よく死ぬことは、同じこと。
ピクシブ文芸、はじまりました!
エキサイトeブックス
今だけ!プレゼント情報
かけこみ人生相談 お悩み募集中!