歌舞伎が持つ自由さが、歌舞伎というフォーマットのまま初音ミクと拮抗することを可能にした超歌舞伎「今昔饗宴千本桜」。そのプロデューサー横澤大輔氏と、脚本を担当した松岡亮氏に、斎藤由多加氏による、伝統と新しさの共存についての疑問がぶつけられる、余白の力・歌舞伎編第二回。「型」とは何なのかが解明される。

*  *  *

斎藤 何故、今回の超歌舞伎のような、言わばアバンギャルドな歌舞伎が、他にはあんまりないのは何故なんですか?

松岡 歌舞伎がもうアバンギャルドだからと思います、ある種。

斎藤 でも普段は歌舞伎座とかでずーっとやられてて、幕張メッセみたいなのはあんまりないじゃないですか。そういうのドンドンやった方がいいって話でもあるじゃないですか。でも、何で無いんですかね。

ここから先は会員限定のコンテンツです

幻冬舎plus 4周年キャンペーン中。豪華賞品が総計100名様に当たる
幻冬舎plusの会員登録(無料)をすると…すべての会員特典を見る
  • 会員限定の記事が読み放題に
  • 会員限定イベントに参加できる
  • プレゼント抽選に参加できる
  • ストア利用でポイントが貯まる

会員の方はログインして続きをお楽しみください

この記事をシェア
この連載のすべての記事を見る

★がついた記事は無料会員限定

関連書籍

斎藤由多加『社長業のオキテ ~ゲームクリエイターが遭遇した会社経営の現実と対策~』
→書籍の購入はこちら(Amazon)


サイトウ・アキヒロ『ゲームニクスとは何か 日本発、世界基準のものづくり法則』
→試し読み・電子書籍はこちら
→書籍の購入はこちら(Amazon)