皮膚のかゆみや湿疹が出ると、化粧品や塗り薬で対応する人は多いかもしれません。しかし、実は、内臓の問題が皮膚にあらわている可能性があるのです。全身磨きは、カラダの内側の調子を知ることも含まれます。

カラダの内側からも全身磨きを

「木を見て、森を見ず」、このことわざは私たち医師が犯しやすいミスへの戒めとしてよく使われるものです。小さな所見に目を奪われ身体全体を見ないと大きなことを見落とす場合があります。その人の改善すべき問題が何か視点を変えて考えなくてはいけないと思うのです。

今回は皮膚科医である私が内科的なマクロの視点からお話しします。内科疾患で現れる皮膚のサイン、皮膚を見るとカラダがわかる、そんなカラダの中からの全身磨きです。

ここから先は会員限定のコンテンツです

幻冬舎plusの会員登録(無料)をすると…すべての会員特典を見る
  • 会員限定の記事が読み放題に
  • 会員限定イベントに参加できる
  • プレゼント抽選に参加できる
  • ストア利用でポイントが貯まる

会員の方はログインして続きをお楽しみください

この記事をシェア
この連載のすべての記事を見る

★がついた記事は無料会員限定