☆前回のあらすじ☆
シェアハウスに女3人で住んでいた、アラサー独女の阿部。住人の一人が結婚したことを機に、新婚夫婦+独身3人のシェアハウスを開始する。やがて阿部と夫婦は「子育てもシェアハウスでできればいいのに、もっと広い家ならなあ…」と考えはじめる。そんなある日、とある不動産オーナーに出会う。「家族でも住めるシェアハウスを、私の全てを捧げて作ろうと思うんです。入居メンバーとして一緒に作りませんか?」というオーナーからの渡りに船の提案に、速攻転居を決めた我々だったが……

 

オーナーが計画していたのは、7LDK・3階建ての一軒家。これまで4LDKに住んでいた我々からすると、ずいぶん大きなシェアハウスだ。ちなみに間取りは、1階がリビングと納戸で、2、3階にそれぞれ3部屋ずつ。全フロアにはそれぞれ、トイレ、キッチン、お風呂がついている。


間取りを見ながら真っ先に考えたのは「一緒に暮らしてくれる夫婦を、もう一組探そう」ということだった。

ここから先は会員限定のコンテンツです

幻冬舎plusの会員登録(無料)をすると…すべての会員特典を見る
  • 会員限定の記事が読み放題に
  • 会員限定イベントに参加できる
  • プレゼント抽選に参加できる
  • ストア利用でポイントが貯まる

会員の方はログインして続きをお楽しみください

この記事をシェア
この連載のすべての記事を見る

★がついた記事は無料会員限定