毎日を1%ずつ新しく生きる! 刺激と感動のマガジン&ストア

★がついた記事は無料会員限定

2016.07.09

福沢諭吉の『学問のすゝめ』政治編(3)

国民が「政府と同位同等の地位に登らないなんてどうかしてるぜ」と、諭吉はかました

橋本 治

国民が「政府と同位同等の地位に登らないなんてどうかしてるぜ」と、諭吉はかました

好評発売中の橋本治著『福沢諭吉の『学問のすゝめ』』から、一部を抜粋してお届けする、試し読み第二弾。
政治家なんかになろうとする人より、それを取り巻く、まだ何も知らない国民に伝えたいことが諭吉には山ほどあったようです。

 表立っては言わなくても、彼はちゃんと明治政府のあり方を監視しています。だから、政府とつながる《学者》を罵倒して、やっぱり政府のあり方を変えはしなくとも、少なくとも補正くらいはされてしかるべきと考えています。それだから『学問のすゝめ』の二編の最後は、《政府と相対し同位同等の地位に登らざるべからず。》と結ぶのです。《登らざるべからず》は「登らないなんてどうかしてるぜ」です。悪い言い方をしてしまえば、福沢諭吉の態度は、「俺はどうともしないけど、君らはなんとかしなさいね」なのです。

 そのために「なんだかんだ言ったって、世の中には昔のまんまの考え方をしてるバカが多いよ」と状況分析をしています。つまり、「こういう社会を君達はなんとかしてね」で「君達がなんとかしなきゃいけないのは、こういう社会だよ」です。

 ここは私の推測ですが、福沢諭吉の政治に対するクールな無関心の裏には、「そんなこと言ったって、政治や政府はそう簡単に変わらないだろう」という認識があるからのように思われます。

 諭吉自身はクールなまま、国民には「政府と同位同等になれ」とけしかけた真意はどこに? 政治編(4)へ続きます。明日7/10(日)公開。

★がついた記事は無料会員限定

関連書籍

→電子書籍はこちら
→書籍の購入はこちら(Amazon)

 

 

 

記事へのコメント コメントする

コメントを書く

コメントの書き込みは、会員登録とログインをされてからご利用ください

この記事を読んだ人にはこんな記事もおすすめです
  • ひたむきにあがき続ける女性を描いた、胸が締め付けられる短編集
  • 心に「ない」を抱える人々を痛いほど繊細に描いた代表作
  • 愛する父母との最後を過ごした“すばらしい日々”
  • 日本人よ、挑戦に身を投げろ!
  • 今まで明かしてこなかった「若さを保つ」ための整体の知恵を惜しげなく公開!
  •  終電族のみなさん、おつかれさまです!
  • 俺はまだ、神に愛されているだろうか?
  • 二人は運命を共にし、男を一人殺すことにした
  • 激動の戦後政治を牽引した田中角栄の、生き様
  • 全五巻構想、大河小説第一弾!!
心に「ない」を抱える人々を痛いほど繊細に描いた代表作。
ピクシブ文芸、はじまりました!
エキサイトeブックス
今だけ!プレゼント情報
かけこみ人生相談 お悩み募集中!