巨人の異常な合議制ベンチ

 プロ野球は交流戦が終わり、ペナントレースが再開した。

 セ・リーグは広島の勢いが止まらないが、迷走が続く本命・巨人ベンチでは異常な光景が続いている。正面を見つめたままの高橋由伸監督をコーチ陣が取り囲み、走者が出ると村田ヘッドコーチがブロックサインを出し、ピンチになると58歳の尾花コーチがマウンドにかけつける。ことあるごとに首脳陣が集まって相談しているが、巨人の長い歴史で、合議制で試合を進めるベンチは見たことがない。

 監督にもいろいろなタイプがあるが、私は就任1年目からサインを自分で出し、投手交代も自分で決めた。選手には厳しく、スリーバントに失敗した選手を即刻、交代させ、隣接のグラウンドで試合が終わるまでバント練習をさせたこともあった。

ここから先は会員限定のコンテンツです

幻冬舎plusの会員登録(無料)をすると…すべての会員特典を見る
  • 会員限定の記事が読み放題に
  • 会員限定イベントに参加できる
  • プレゼント抽選に参加できる
  • ストア利用でポイントが貯まる

会員の方はログインして続きをお楽しみください

この記事をシェア
この連載のすべての記事を見る

★がついた記事は無料会員限定

関連書籍

広岡達朗『巨人への遺言 プロ野球 生き残りの道』
→電子書籍はこちら
→書籍の購入はこちら(Amazon)


電子書籍のみ!
読みどころ9章を抜粋した、ダイジェスト版を100円で発売中
→購入はこちら


生原伸久『東京オリンピック野球復活・陰の立役者 アイク生原の知られざる生涯』
→試し読み・電子書籍の購入はこちら(幻冬舎plus)
→電子書籍の購入はこちら(Amazon)

2020年の東京オリンピックで、3大会ぶりに野球が追加種目として復活する。
野球が初めて国同士の対戦として五輪種目に採用されたのは1984年、ロサンゼルス大会のことである。
その2年前、ロス五輪での野球競技実現に情熱を燃やした一人の男がいた。
27歳で単身渡米、大リーグ・ドジャースの雑用係からオーナー補佐に登りつめた日本人、“IKE”とはいったい何者だったのか? 55年間の人生すべてを野球に捧げた、その知られざる生涯に迫る。