毎日を1%ずつ新しく生きる! 刺激と感動のマガジン&ストア

3月30日(木)14時~20時にシステムメンテナンスを行います

★がついた記事は無料会員限定

2016.07.04

vol.4

織田信長がラノベの主人公になったら!?

スエヒロ

織田信長がラノベの主人公になったら!?

絶賛発売中のスエヒロ『豊臣秀吉を名乗る人物から刀狩りの連絡が来ました。詐欺でしょうか?』の試し読み。第4回は、織田信長のイメージが変わるかもしれない、ギャップ萌え必至の作品です。

 

 

 織田信長が天下取りを目前にして、部下である明智光秀に討ち取られた事件「本能寺の変」。信長というカリスマ性のある人物の、文字通り劇的な最後は、日本史で最も有名なエピソードのひとつではないでしょうか。「敦盛」ですしね、最後。

 

 この変の真相をめぐる説は多くあり、光秀の私憤説や、秀吉が刺客を派遣していた、朝廷が黒幕だった、など数多の説が存在します。今後、宇宙人説とか惑星直列説みたいなのも出てきて欲しいなと思っています(もう出てるかも)。

 

 さてそんな本能寺の変。大河ドラマなどではドラマチックに描かれるのが常ですが、もっと軽い感じで描くのも手かもしれません。たとえばラノベ風にしてみるとこんな雰囲気ではないでしょうか。

 

 

1巻でいきなり最終回を迎えそうですね。

★がついた記事は無料会員限定

関連書籍

スエヒロ『豊臣秀吉を名乗る人物から刀狩りの連絡が来ました。詐欺でしょうか?』
→書籍の購入はこちら(Amazon)

記事へのコメント コメントする

コメントを書く

コメントの書き込みは、会員登録とログインをされてからご利用ください

この記事を読んだ人にはこんな記事もおすすめです
  • 我欲にまみれた20兆円産業の闇を突く。
  • 過去最大ボリュームでお届けする、著者渾身の一作!
  • 夫との最後の日々が教えてくれた、人生の真実。
  • 新聞にこそ、世の中の仕組みが詰まっているのです!
  • 爆笑、号泣。こんな猫本ずるすぎる! !
  • このまま足踏みはしていられない――。
  • “イヤミスの女王”との呼び声高い真梨幸子の作品はこちら
  • ひたむきにあがき続ける女性を描いた、胸が締め付けられる短編集
  • 心に「ない」を抱える人々を痛いほど繊細に描いた代表作
  • 愛する父母との最後を過ごした“すばらしい日々”
よく生きることと、よく死ぬことは、同じこと。
ピクシブ文芸、はじまりました!
エキサイトeブックス
今だけ!プレゼント情報
かけこみ人生相談 お悩み募集中!