毎日を1%ずつ新しく生きる! 刺激と感動のマガジン&ストア

3月30日(木)14時~20時にシステムメンテナンスを行います

★がついた記事は無料会員限定

2016.07.02

vol.3

刀狩りがバナー広告になったら!?

スエヒロ

刀狩りがバナー広告になったら!?

絶賛発売中のスエヒロ著『豊臣秀吉を名乗る人物から刀狩りの連絡が来ました。詐欺でしょうか?』より、選りすぐりの人気作品をお届け! 第3回は、思わずクリックしたくなる、豊臣秀吉が派手すぎる姿で登場です。

 

 

 豊臣秀吉の「刀狩り」。刀だけでなく、弓や槍、鉄砲なども回収の対象となったわけで、回収した武器は大仏の釘として再利用されるので「ありがたいことである」とされていたそうです。ぱっと見、すごく詐欺っぽいスキームですよね。

 

 現代のゴミ収集と同じく、当時も朝畑仕事に向かう夫が、刀の束を自宅の前に出してから、(畑に)出勤していたのかもしれません。あなた~、この槍もおねがいね~、なんて朝の村に響く声。

 

 そんな刀狩り。実際にはお触れなどを出して実施を知らせていたのでしょうが、当時にネットがあったとすればこんなバナー広告が出回っていたかもしれません。

 

 

無料で回収はお得ですね!

 

 

 

 

★がついた記事は無料会員限定

関連書籍

スエヒロ『豊臣秀吉を名乗る人物から刀狩りの連絡が来ました。詐欺でしょうか?』
→書籍の購入はこちら(Amazon)

記事へのコメント コメントする

コメントを書く

コメントの書き込みは、会員登録とログインをされてからご利用ください

この記事を読んだ人にはこんな記事もおすすめです
  • 我欲にまみれた20兆円産業の闇を突く。
  • 過去最大ボリュームでお届けする、著者渾身の一作!
  • 夫との最後の日々が教えてくれた、人生の真実。
  • 新聞にこそ、世の中の仕組みが詰まっているのです!
  • 爆笑、号泣。こんな猫本ずるすぎる! !
  • このまま足踏みはしていられない――。
  • “イヤミスの女王”との呼び声高い真梨幸子の作品はこちら
  • ひたむきにあがき続ける女性を描いた、胸が締め付けられる短編集
  • 心に「ない」を抱える人々を痛いほど繊細に描いた代表作
  • 愛する父母との最後を過ごした“すばらしい日々”
よく生きることと、よく死ぬことは、同じこと。
ピクシブ文芸、はじまりました!
エキサイトeブックス
今だけ!プレゼント情報
かけこみ人生相談 お悩み募集中!