毎日を1%ずつ新しく生きる! 刺激と感動のマガジン&ストア

★がついた記事は無料会員限定

2016.07.06

本日の「北欧神話」の言葉 その30

「人は人の喜びである」

杉原 梨江子

「人は人の喜びである」

新刊『自分を信じる 超訳「北欧神話」の言葉』(編訳・杉原梨江子)より、今日のあなたを励ます言葉をお届けします。

人は人の喜びである ―友情について
自分を信じ、貫く生き方は、時に孤独です。
人生に迷い、涙するときも、ふと出会った人と言葉をかわせばあたたかな気持ちが湧いてくることがあります。
人と会うことは、今ここに生きていることを確かめ合うことです。人は人によって生かされ、自分もまた、誰かにとっての喜びとなっているはずです。【高き者の言葉47】

他人を安易に信用するなと、神々はたびたび叱咤しますが、他人を喜びとする、こんな言葉もあるのです。旅に出たオーディンの実感こもったひと言。「わしはひとりで旅をして道に迷った。人に会えたとき、豊かな気持ちが湧いてきた。人は人にとって喜びなのだ」。たとえ、一瞬のすれ違いであっても、嬉しい出会いは日々起きているはずですよ。
 

★がついた記事は無料会員限定

記事へのコメント コメントする

コメントを書く

コメントの書き込みは、会員登録とログインをされてからご利用ください

この記事を読んだ人にはこんな記事もおすすめです
  • 俺はまだ、神に愛されているだろうか?
  • 二人の“ハル”が、あの3月11日、東京で出会った——。
  • 希望が芽吹く傑作長編
  • 「上から目線」の憲法を、思わず笑い転げそうになる口語訳にしてみました。
  • 数字の苦手な人でも飛躍的な成果を上げられるノウハウを開陳!
  • 矢三郎の「阿呆の血」が騒ぐ!
  • 麻生幾、浦賀和宏、小路幸也らによる書き下ろしミステリー小説が100円で発売!
  • 「いっそ、二人で殺そうか。あんたの旦那」
  • 夫との最後の日々が教えてくれた、人生の真実。
  • あの子は、私の子だ。 血の繋がりなんて、 なんだというのだろう。
麻生幾、浦賀和宏、小路幸也らによる書き下ろしミステリー小説が100円で発売!
希望が芽吹く傑作長編
エキサイトeブックス
今だけ!プレゼント情報
かけこみ人生相談 お悩み募集中!