新刊『自分を信じる 超訳「北欧神話」の言葉』(編訳・杉原梨江子)より、今日のあなたを励ます言葉をお届けします。 

他力本願から脱する―自分について
他人の人生は輝いて見えます。迷ったとき、他人の言うことのほうがもっともだと思えてきます。自分がやっていることが正しいかどうか、わからなくなることもあります。
すっかり自信をなくしたときでも、一縷(いちる)の望みを自分の知恵に賭けてください。【高き者の言葉10】

他人のアドバイスはほどほどに聴くこと。ほんの少し、あなたの信念を曲げたとたん、望んでもいない方向に進んでいくことがあるからです。真剣に考えてほしいのです。その決断は本当に自分が望んだことなのか。親や兄弟、恋人や友だちの望みではありませんか?迷ったときこそ、自分で決断してみる。最高神オーディンは「自らの知恵はみじめな者を守る鎧だ!」とエールを送っています。

この記事をシェア
この連載のすべての記事を見る

★がついた記事は無料会員限定