電子オリジナル書籍のレーベル“幻冬舎plus+(げんとうしゃぷらすぷらす)”から、新たに3作品が発売されました。

幻冬舎plus連載時から驚異的なアクセス数を叩き出していた小野美由紀さんのエッセイ『キョーレツがいっぱい』。ヘアメイクの第一人者が美容はもちろん、家族、人間関係、仕事などさまざまなお悩みに鮮やかに回答する『藤原美智子のかけこみ人生相談』。そしてマンガ化も話題の『ルポ 中年童貞』の新作は、AV男優と中年童貞という一見相反するものの深層に切り込みます。

※価格は書店によって異なる場合があります

■6月刊行分ラインナップ

小野美由紀『キョーレツがいっぱい』
300円(税別)
→試し読み・電子書籍のご購入はこちら
→電子書籍のご購入はこちら(Amazon)

いつから世の中はこんなにカオスになったのか?!
共同体からはみ出した問題児たちの渦に巻き込まれていく、痛快エッセイ。
個性的な面子を笑っていたつもりが、
いつの間にか背中にナイフが刺さっている――?!
ブスとは何か、セックスとはなにか、女の友情とは何か。
日常で覚える違和感を克明に炙り出す。

 

中村淳彦『ルポ 中年童貞 僕も紙一重で“中年童貞”だった。筑駒出身AV男優、森林原人』
350円(税別)
→試し読み・電子書籍のご購入はこちら
→電子書籍のご購入はこちら(Amazon)

AV男優になるまで徹底的にモテなかったという森林原人。
現在は、アダルトビデオ業界の第一線で活躍し、女性の経験人数8000人を超える彼が、新書『ルポ 中年童貞』を読み、「AV男優という仕事がなければ、自分も紙一重で中年童貞になっていたかもしれない」と発言した。
その真意とは何か――?
『ルポ 中年童貞』の第三章「ネット右翼と中年童貞」も同時収録し、男性にとっての「性」とは何か? 「欲望」とは何か? をあらためて問う衝撃作。

 

藤原美智子『藤原美智子のかけこみ人生相談』
300円(税別)
→試し読み・電子書籍のご購入はこちら
→電子書籍のご購入はこちら(Amazon)

「若作りに見えないようにするにはどうすればいいですか?」
「劣化していく自分の受け止め方を教えてください」
「大好きだった元彼が忘れられません。妻であり母であるのに最低だと思います」……。
何歳になっても美醜は気になるし、恋人や家族との関係にも悩みは尽きない。
人生のなかで、諦めるものと受け入れるもの、優先順位はどう判断すればいいのか――?
ヘアメイクの第一人者として人生を切り拓いてきた藤原美智子さんが、鮮やかに回答。
実質的で率直な言葉に前に進む勇気が湧く!

 

この記事をシェア
この連載のすべての記事を見る

★がついた記事は無料会員限定

→“幻冬舎plus+”全作品リストはこちら