ついに、秀吉、関白になります。
もとは農民だった秀吉が、公家のトップにまで上り詰めたのです。
とはいえ、まだまだ“邪魔”な大名はいる。特に、九州にいる「島津」は超巨大&超強い! 島津に戦いを挑む秀吉ですが、やはりここでも、官兵衛の大活躍が光ります! 官兵衛の機転がなければ、もしかしたら負けていたかも……!? 官兵衛の見事な采配、今回も堪能してください!

*   *   *

【レイジアゲインストザマシーンのジャケット見てる最中も、ジェラシーが渦巻いてた】

みなさまこんばんは。
こんにちはの方はこんにちは。
おはようの方はおはよう。
黒田官兵衛パート10となりました。
官兵衛描くイコール、秀吉のこともまあまあ描くこととなるので…長いですね! やっぱり秀吉にイベントが多いんです。
ですから今しばらくお付き合いを!
では前回までのおさらい。

秀吉、柴田勝家たおす。

秀吉、徳川家康とケンカ。

そのとき官兵衛、毛利と話し合い。

秀吉、今度は長宗我部とケンカ。

勝つ。

四国の戦いには、秀吉も参加する気マンマンだったんです。
でも、東の方でまだ歯向かってきそーなヤツがいたり、そのタイミングで病気になっちゃったり、今回は「やめとこ!」って、出陣を取りやめていました。
四国でみんなが戦ってる最中、そんな秀吉さんにある変化が…。

ここから先は会員限定のコンテンツです

幻冬舎plusの会員登録(無料)をすると…すべての会員特典を見る
  • 会員限定の記事が読み放題に
  • 会員限定イベントに参加できる
  • プレゼント抽選に参加できる
  • ストア利用でポイントが貯まる

会員の方はログインして続きをお楽しみください

この記事をシェア
この連載のすべての記事を見る

★がついた記事は無料会員限定

関連書籍

房野史典『笑って泣いてドラマチックに学ぶ 超現代語訳・戦国時代』
→書籍の購入はこちら(Amazon)