幻冬舎新書『他人を非難してばかりいる人たち バッシング・いじめ・ネット私刑』が評判の精神科医・岩波明氏が、とどまるところを知らない日本人の不寛容性にメスを入れます!
舛添には過去に数々のスキャンダルがあったことはみんな知っているはずなのに、なぜ今バッシングが「祭り」になったのでしょうか? 
日本人の「不寛容さ」が、あまりに短絡的すぎる結論を導いていることに危機感を感じる、舛添えバッシングに関する考察、第2回目。

*   *   *

3.舛添の過去のスキャンダルをみんな知っているはずなのに、なぜ今?

 この騒動を見てあらためて感じる点は、日本人、あるいは日本社会の不寛容さである。マスコミも一般の市民も、「溺れた犬」には容赦がない。舛添氏のこれまでの「政治活動」が「きれいな」ものでなかったことは明らかであるが、それでも彼は、都知事選では政権与党が推薦し、都民から多くの得票を集めた人物である。当然ながら、選挙民には、推挙し選んだ責任がある。

ここから先は会員限定のコンテンツです

幻冬舎plusの会員登録(無料)をすると…すべての会員特典を見る
  • 会員限定の記事が読み放題に
  • 会員限定イベントに参加できる
  • プレゼント抽選に参加できる
  • ストア利用でポイントが貯まる

会員の方はログインして続きをお楽しみください

この記事をシェア
この連載のすべての記事を見る

★がついた記事は無料会員限定

関連書籍

岩波明『他人を非難してばかりいる人たち』
→試し読み・電子書籍はこちら
→書籍の購入はこちら(Amazon)