戦国時代には「すげー武将」「すげー大名」が、わんさかいます。力のある人がどんどん上に上り詰めることができる時代だったのですから、当然といえば当然です。
その中で、秀吉がなぜ、抜きんでることができたのか?
どんなドラマを見ても、秀吉は個性的で魅力的ですが、今回は、秀吉のずるがしこさが光りますよ!

*   *   *

【斉天大聖と守鶴と姫若子】

黒田官兵衛パート9まできてしまいました。
へこたれずについてきて頂いてる皆様には、ただただ感謝でございます。
もう少しだけお付き合い頂けたら幸いです。
それではおさらい。

秀吉、光秀たおす。

織田家のあと継ぎ、三法師ちゃんに決定。

柴田勝家と秀吉の仲、最悪。

秀吉、勝家たおす。

大坂城作ったり、毛利と話し合いしたり、いろいろ。

東北、関東、東海、四国、九州。
それぞれの地域に、
伊達、北条、徳川、長宗我部、島津。
秀吉の配下(部下だね)に加わっていない「いや強ぇーな!」って大名が、まだこんなにいました。秀吉の、次の対戦相手はこの中の誰か……。
さて、その相手との戦いのきっかけを作ったのは、秀吉ではなく、対戦相手でもなく、織田信長の次男、織田信雄でした。
賎ヶ岳の戦い(柴田勝家とバトったやつね)では、秀吉と手を組んだ織田信雄。
信孝(信長の三男だよ)との争いにも勝ち、三法師ちゃん(信長のお孫さん)の後見人になったはずなのですが、

ここから先は会員限定のコンテンツです

幻冬舎plusの会員登録(無料)をすると…すべての会員特典を見る
  • 会員限定の記事が読み放題に
  • 会員限定イベントに参加できる
  • プレゼント抽選に参加できる
  • ストア利用でポイントが貯まる

会員の方はログインして続きをお楽しみください

この記事をシェア
この連載のすべての記事を見る

★がついた記事は無料会員限定

房野史典『笑って泣いてドラマチックに学ぶ 超現代語訳・戦国時代』

マンガみたいに読めて、ドラマよりもワクワク。笑いあり涙ありの戦国物語。
「応仁の乱のきっかけになったお家騒動のドロドロ度は、“昼ドラ”レベルだった」「関ヶ原の戦い、実は一日で終わっちゃったって知ってた?」「映画『ホーム・アローン』で活躍する子供みたい! 3倍の兵を持つ家康を打ち負かした、真田の嘘と知恵と心理作戦とは?」など、超現代風な語り口で、複雑な戦国の歴史がみるみる頭に入り、日本史が一気に身近になる!
芥川賞作家・又吉直樹(ピース)さんも大絶賛、東大生もびっくりしたというウワサの一冊。

 
房野史典『笑えて、泣けて、頭にするする入る 超現代語訳 幕末物語』

歴史の先生も大絶賛。マンガみたいに読めて、ドラマよりもワクワクな、幕末ドラマ。
「ロックな男・吉田松陰は、プリズンライフをエンジョイして、牢獄を学校にしちゃった」「まさかの西郷どん、二度の自殺未遂」「『幕府はオワコンだからね!』と勝海舟。『惚れたー!』と西郷隆盛。英雄同士が出会い、時代が動く!」「《大政奉還》は、薩長VS土佐の、アクション映画さながらのぎりぎりの攻防戦だった!」など、超現代風なアプローチで、歴史がぐっと親しみやすく……!
ヒーロー多すぎ、悲劇続きすぎ、“想定外”ありすぎの超フクザツな幕末時代が、ここまで面白くなりました!