毎日を1%ずつ新しく生きる! 刺激と感動のマガジン&ストア

★がついた記事は無料会員限定

2016.06.20

「黒田官兵衛」第9回

なぜ秀吉は、次から次へと自分より強い大名を制圧できたのか? 笑顔に隠された交渉術をチェック!

房野 史典〔ブロードキャスト!!〕

なぜ秀吉は、次から次へと自分より強い大名を制圧できたのか? 笑顔に隠された交渉術をチェック!

戦国時代には「すげー武将」「すげー大名」が、わんさかいます。力のある人がどんどん上に上り詰めることができる時代だったのですから、当然といえば当然です。
その中で、秀吉がなぜ、抜きんでることができたのか?
どんなドラマを見ても、秀吉は個性的で魅力的ですが、今回は、秀吉のずるがしこさが光りますよ!

*   *   *

【斉天大聖と守鶴と姫若子】

黒田官兵衛パート9まできてしまいました。
へこたれずについてきて頂いてる皆様には、ただただ感謝でございます。
もう少しだけお付き合い頂けたら幸いです。
それではおさらい。

秀吉、光秀たおす。

織田家のあと継ぎ、三法師ちゃんに決定。

柴田勝家と秀吉の仲、最悪。

秀吉、勝家たおす。

大坂城作ったり、毛利と話し合いしたり、いろいろ。

東北、関東、東海、四国、九州。
それぞれの地域に、
伊達、北条、徳川、長宗我部、島津。
秀吉の配下(部下だね)に加わっていない「いや強ぇーな!」って大名が、まだこんなにいました。秀吉の、次の対戦相手はこの中の誰か……。
さて、その相手との戦いのきっかけを作ったのは、秀吉ではなく、対戦相手でもなく、織田信長の次男、織田信雄でした。
賎ヶ岳の戦い(柴田勝家とバトったやつね)では、秀吉と手を組んだ織田信雄。
信孝(信長の三男だよ)との争いにも勝ち、三法師ちゃん(信長のお孫さん)の後見人になったはずなのですが、

ログイン

ここから先は会員限定のコンテンツ・サービスとなっております。

無料の会員登録で幻冬舎plusを更に楽しむ!会員特典をもっと見る

会員限定記事が読める

バックナンバーが読める

電子書籍が買える

イベントに参加できる

★がついた記事は無料会員限定

関連書籍

房野史典『笑って泣いてドラマチックに学ぶ 超現代語訳・戦国時代』
→書籍の購入はこちら(Amazon)

 

記事へのコメント コメントする

コメントを書く

コメントの書き込みは、会員登録とログインをされてからご利用ください

この記事を読んだ人にはこんな記事もおすすめです
  • 最新脳研究でわかった「疲れない人間関係」のつくりかた
  • これは日本の悲劇でもある。
  • 自然の力とバリの魅力に満ちた心あたたまる物語。
  • 今度こそ話せるようになる、すべての英語を学びたい人へのバイブル!
  • 清々しく満ち足りた幸せを手にするための、心の持ち方、暮らし方。
  • 実家に久しぶりに帰った姉が、引きこもり中の弟に大事な相談を持ちかける
  • 美人かどうかは目元で決まる。
  • 不確かな未来と冒険の物語を、その情熱で捕まえて、前へ進め!!
  • 「もう、冒険者やめたほうがいいんじゃないですか?」
  • ワケあり男女がシェアハウスに!
これは日本の悲劇でもある。
最新脳研究でわかった「疲れない人間関係」のつくりかた
全商品ポイント50%還元中<電本フェス>
今だけ!プレゼント情報
かけこみ人生相談 お悩み募集中!