毎日を1%ずつ新しく生きる! 刺激と感動のマガジン&ストア

★がついた記事は無料会員限定

2016.06.17

《特別企画》『昼のセント酒 ~第五湯 燕湯~』試し読み!!

《特別企画》『昼のセント酒 ~第五湯 燕湯~』試し読み!!

『昼のセント酒』
<久住昌之(原案)×魚乃目三太(画)>
コミック単行本 大好評発売中。

「真っ昼間、銭湯あがりの生ビール。
この最強タッグに万歳!!」

毎週土曜日の深夜、銭湯の気持ちよさと湯あがりビールの魅力がたっぷりと描かれたドラマ『昼のセント酒』が好評放映中です。

『孤独のグルメ』原作者の久住昌之氏が綴る銭湯エッセイ『昼のセント酒』を原案に、背徳感を感じながらも、人々が働いている平日の昼間から銭湯で身体を流し、明るいうちから一杯飲むという、大人ならではの道楽を描いた作品です。そんな道楽ドラマを『しあわせゴハン』『戦争めし』の魚乃目三太氏がコミック版として描きあげた、まさに“銭湯讃歌”──。

日の出広告・企画営業部に所属する内海孝之(42歳)は、今日も外回りで飛び込み営業の午後。営業部では万年最下位の成績ながら、仕事の途中でも銭湯を見つけると、入らずにはいられない。お湯の香り、窓から入る陽の光、そしてゆったり流れる癒しの空気……銭湯には至福の時間が待っている。そして、湯上りの渇いた身体に流し込む生ビールのウマさといったら、もう──やめられるわけがありません。

そこで今回は単行本の第5話、「第五湯 燕湯」を公開しちゃいます。ドラマとはひと味違うオリジナルストーリーです!!


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 

 

ドラマとは違う、コミックオリジナルストーリーも収録されたコミック版、
この続きは是非とも単行本でお楽しみください。
明日、あなたも《銭湯&生ビール》の素晴らしさに浸っているはずです!!

★がついた記事は無料会員限定

記事へのコメント コメントする

コメントを書く

コメントの書き込みは、会員登録とログインをされてからご利用ください

この記事を読んだ人にはこんな記事もおすすめです
  • 俺はまだ、神に愛されているだろうか?
  • 二人の“ハル”が、あの3月11日、東京で出会った——。
  • 希望が芽吹く傑作長編
  • 「上から目線」の憲法を、思わず笑い転げそうになる口語訳にしてみました。
  • 数字の苦手な人でも飛躍的な成果を上げられるノウハウを開陳!
  • 結果を出すため0のカギを握るのは、「余裕=ゆとり」
  • 麻生幾、浦賀和宏、小路幸也らによる書き下ろしミステリー小説が100円で発売!
  • 「いっそ、二人で殺そうか。あんたの旦那」
  • どうしたら女性であることを楽しめるのでしょうか?
  • あの子は、私の子だ。 血の繋がりなんて、 なんだというのだろう。
春の幻冬舎plus感謝祭
結果を出すため0のカギを握るのは、「余裕=ゆとり」
どうしたら女性であることを楽しめるのでしょうか?
エキサイトeブックス
今だけ!プレゼント情報
かけこみ人生相談 お悩み募集中!