『昼のセント酒』
<久住昌之(原案)×魚乃目三太(画)>
コミック単行本 大好評発売中。

「真っ昼間、銭湯あがりの生ビール。
この最強タッグに万歳!!」

毎週土曜日の深夜、銭湯の気持ちよさと湯あがりビールの魅力がたっぷりと描かれたドラマ『昼のセント酒』が好評放映中です。

『孤独のグルメ』原作者の久住昌之氏が綴る銭湯エッセイ『昼のセント酒』を原案に、背徳感を感じながらも、人々が働いている平日の昼間から銭湯で身体を流し、明るいうちから一杯飲むという、大人ならではの道楽を描いた作品です。そんな道楽ドラマを『しあわせゴハン』『戦争めし』の魚乃目三太氏がコミック版として描きあげた、まさに“銭湯讃歌”──。

日の出広告・企画営業部に所属する内海孝之(42歳)は、今日も外回りで飛び込み営業の午後。営業部では万年最下位の成績ながら、仕事の途中でも銭湯を見つけると、入らずにはいられない。お湯の香り、窓から入る陽の光、そしてゆったり流れる癒しの空気……銭湯には至福の時間が待っている。そして、湯上りの渇いた身体に流し込む生ビールのウマさといったら、もう──やめられるわけがありません。

そこで今回は単行本の第5話、「第五湯 燕湯」を公開しちゃいます。ドラマとはひと味違うオリジナルストーリーです!!


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 

 

ドラマとは違う、コミックオリジナルストーリーも収録されたコミック版、
この続きは是非とも単行本でお楽しみください。
明日、あなたも《銭湯&生ビール》の素晴らしさに浸っているはずです!!

この記事をシェア
この連載のすべての記事を見る

★がついた記事は無料会員限定