毎日を1%ずつ新しく生きる! 刺激と感動のマガジン&ストア

★がついた記事は無料会員限定

2016.06.17

幻冬舎アウトロー文庫で、官能小説を読んでみませんか?

幻冬舎アウトロー文庫で、官能小説を読んでみませんか?

 創刊20周年を迎えた幻冬舎文庫に「幻冬舎アウトロー文庫」というレーベルがあることをご存じでしょうか。

「アウトロー」というと、ヤクザもの事件もの、のイメージかもしれませんが、幻冬舎アウトロー文庫の大きな柱となっているのは、「官能」です。その作品数は160冊以上に及びます。

 中でも名作の誉れ高いのは、団鬼六さんの『花と蛇』シリーズ全10巻。他にも団鬼六さんの官能作品は『肉体の賭け』『鬼の花嫁』『アナコンダ』『お柳情炎』『肉の顔役』『女教師』『幻想婦人』『生贄』『飼育』『美人妻』『淫獣の部屋』『異形の宴』『鬼ゆり峠』など、20作品あまりが揃っています。

 タイトルだけ見ていても、そそられるものがありませんか。

 そうです。官能小説は、タイトルが命。中でも「家族」「血縁」絡みのタイトルは、人気のようです。

 幻冬舎アウトロー文庫のでも、『兄嫁』『新妻』『母娘』『三姉妹』『継母』『人妻』『義母』『弟嫁』『姉と鞭』『地下室の姉の七日間』『伯父様の書斎』『継母の純情』『姉のスカートはいつも短すぎる』『姉の腋の下の窪み』『弟の目の前で』『継母が美しすぎて』『姉の愉悦』……と、タイトルが並びます。

 興味は惹かれるけれど、どれから読んでいいか分からない、という方のために、新刊『義娘(よめ)の尻ぼくろ』(生方澪)の試し読みをお届けします。こちらも、「血縁」タイトルです。

***

→官能小説『義娘の尻ぼくろ』試し読み

★がついた記事は無料会員限定

記事へのコメント コメントする

コメントを書く

コメントの書き込みは、会員登録とログインをされてからご利用ください

この記事を読んだ人にはこんな記事もおすすめです
  • その街では、死者も生き返る。
  • 体にも心にも体にも栄養を与える法。
  • 豊富なスナップ写真とともに初公開。
  • 0万部突破のメガヒットへと導いた天才クリエイターが語る
  • 胸に迫る、慟哭必至の医療ミステリ。
  • 読む者すべての胸を打ち、揺さぶる衝撃のミステリ!
  • 最新脳研究でわかった「疲れない人間関係」のつくりかた
  • これは日本の悲劇でもある。
  • 清々しく満ち足りた幸せを手にするための、心の持ち方、暮らし方。
  • 今度こそ話せるようになる、すべての英語を学びたい人へのバイブル!
その街では、死者も生き返る。
体にも心にも体にも栄養を与える法。
電子オリジナル書籍レーベル“幻冬舎plus+”
今だけ!プレゼント情報
かけこみ人生相談 お悩み募集中!