北九州では、酒屋の店内で酒を呑むのを「角打ち」という。

 角打ちとは関東でいう「立ち呑み」である。角打ちの語源はさだかでないが、一説には酒屋で量り売りの升酒を呑む際、升の角から口をつけたのが由来だという。アテは升の縁に盛った塩である。

  升はもともと酒を計るための道具だったが、いつの頃からか酒器になった。升に入れたグラスに酒をなみなみと注ぐのは「もっきり」と呼ばれ、居酒屋でよく見かける。

ここから先は会員限定のコンテンツです

幻冬舎plusの会員登録(無料)をすると…すべての会員特典を見る
  • 会員限定の記事が読み放題に
  • 会員限定イベントに参加できる
  • プレゼント抽選に参加できる
  • ストア利用でポイントが貯まる

会員の方はログインして続きをお楽しみください

この記事をシェア
この連載のすべての記事を見る

★がついた記事は無料会員限定

関連書籍

福澤徹三『ジューン・ブラッド』

→試し読み・電子書籍はこちら

→書籍の購入はこちら(Amazon)


福澤徹三『壊れるもの』

→試し読み・電子書籍はこちら

→書籍の購入はこちら(Amazon)


福澤徹三『再生ボタン』

→試し読み・電子書籍はこちら

→書籍の購入はこちら(Amazon)


福澤徹三『自分に適した仕事がないと思ったら読む本 落ちこぼれの就職・転職術』

→試し読み・電子書籍はこちら

→書籍の購入はこちら(Amazon)


福澤徹三『もうブラック企業しか入れない 会社に殺されないための発想』

→試し読み・電子書籍はこちら

→書籍の購入はこちら(Amazon)