毎日を1%ずつ新しく生きる! 刺激と感動のマガジン&ストア

★がついた記事は無料会員限定

2016.06.24

官能小説『義娘の尻ぼくろ』試し読み第3回
それだけはダメよ!

生方 澪

官能小説『義娘の尻ぼくろ』試し読み第3回 <br />それだけはダメよ!

義父とのスリリングでエロティックな同居生活を綴る、書き下ろし官能小説『義娘の尻ぼくろ』(生方澪)より一番の読みどころをお届けします。

第三章 それだけはダメよ!

  二日後、紗理奈は自分の部屋に耕一からの贈り物があるのに気づいた。自分でラッピングしたような、ピンク色の包装紙に赤いリボンがかかった小さな箱だ。アクセサリーにしては大きいし少し重い。紗理奈はゆっくりと包みを開けた。
「いやだ、何これ……」
 ひとりなのに思わずつぶやいてしまった。
 中身はペニスの形をした真っ赤なバイブレーターだった。紗理奈は初めて手にしたそれをしげしげと眺めた。淳也とはこういった性具は使ったことがないので珍しかった。すでに電池が入っていたのですぐ作動できた。
 ウーンという低い振動音とともに、安っぽいシリコン製の電動ペニスが震え始めた。切り替えスイッチがあり、小刻みに震えるパターンと大きくうねる動きとに替えられるようになっている。そして振動の強弱も選べる仕組みだ。
 そっと腕に当ててみると、かなり振動が伝わってきた。敏感な部分ならどれほど感じるのか興味がわいた。
 紗理奈はこうした道具に詳しくはないが、どこか古めかしさを感じた。きっと今どきのローターはもっと軽くて小型でよくできているのではないか。
 いかにも耕一が選んだらしい、仰々しくて大きい偽ペニスを目の前で動かしながら、紗理奈は声を出さずに小さく笑ってしまった。
 そしてその晩、夕飯も入浴もすませてひとりで部屋に戻った紗理奈は、淳也がいる時のようにヘビィメタルの音楽をかけた。よく響くように大きめのボリュームで流してみた。
 布団を敷き、真っ白なシーツの上に紗理奈はいきなり全裸で横たわった。ひんやりしたシーツが素肌に心地よかった。
 そして枕元の箱の中から真っ赤な偽ペニスを取り出し、手に取った。
 最初、両膝はぴたりと閉じたままにしておいた。その状態で下腹部にバイブを当てがい、スイッチを入れてみた。
「あっ、ああああ……」
 思った以上に刺激が伝わってくる。先端は丸いが、淳也や耕一のモノよりサイズはだいぶ大きいように見えた。やはりこれは飽くまでもおもちゃ、挿入するための道具ではないな、と思った。固いし冷たいし、乾いているし、入れ心地もよくなさそうだ。
 スリットに沿うようにしてゆっくりとバイブを動かしてみた。モードは小刻みに振動する方を選択した。
 敏感なクリトリスに当たるとあまりにも刺激が強いのでわざとはずした。しかしどうしても振動が伝わってきてしまう。たちまち胸がどきどきし、額にはうっすらと汗が浮かんできた。
「ん……うんんんんっ」
 全身の神経がそこに集中しているような気がする。ぴたりと閉じていた膝が自然に緩んでだらしなく開いてしまう。
 バイブの先端をスリットの内部へ挿入させてみた。途端に股間が痺れたような強い刺激を受けた。
「あはぁ、はっ、はっ……」
 息苦しいので口呼吸も同時にしてみるが、顎までかくかく震えてきそうだ。思いきって少しずつバイブを奥へと侵入させてみる。こんなビッグサイズがどこまで入るのか挑戦だった。
「ああんっ、す、すごい……びりびりくるぅ」
 紗理奈は枕の上で頭を激しく左右に振った。黒い髪が額や首筋の汗に張りついて乱れに乱れた。
 真っ赤な逸物は半分以上は女肉の中に飲みこまれてしまった。紗理奈はスイッチを切り替えて、大きくうねるモードに替えてみた。
「はあっ、ううう……」
 これもまた新たな刺激だった。内部を掻き回すように暴れるのだ。絶対に人間のペニスでは再現できないような動きだ。どんなテクニックを駆使しても、ぐりぐりとドリルをねじこむように旋回する動作など不可能だ。
「いやぁ〜〜、おかしくなりそう」
 すでに紗理奈の股は最大限の角度まで開いている。子どもの頃から十年近く新体操をやっていたおかげで、紗理奈の股関節はとても柔らかい。脚はいくらでも開くのだ。
「すごいっ、すごいっ……」
 少しずつではあるが着実に深く挿さっていく震える玩具。紗理奈はすっかりヤミツキになってしまい、夢中で動かし続けた。空いている左手は、自らの乳房を揉み乳頭をつまみ上げていた。
「見て……見てよ……」
 腰を少しだけ浮かせ小さく上下に振るようにしながら、ギャラリーに向かって局部を見せつけた。先ほどからのオナニーショーは、もちろん窓の外からの視線を意識してのことだ。

★がついた記事は無料会員限定

記事へのコメント コメントする

コメントを書く

コメントの書き込みは、会員登録とログインをされてからご利用ください

おすすめの商品
  • ピクシブ文芸、はじまりました!
  • 文化庁メディア芸術祭マンガ部門新人賞受賞作!
  • 無理しないけど、諦めない、自分の磨き方
  • 時短、シンプル、ナチュラルでハッピーになれる!
  • ビジネスパーソンのためのマーケティング・バイブル。
  • 有名料理ブロガー4名が同じテーマでお弁当を競作!
  • ドラマこそ、今を映すジャーナリズム!
  • 砂の塔 ~知りすぎた隣人[上]
  • 小林賢太郎作品一挙電子化!
  • あなたがたった一人のヒーローになるためには?
文化庁メディア芸術祭マンガ部門新人賞受賞作!
ピクシブ文芸、はじまりました!
エキサイトeブックス
今だけ!プレゼント情報
かけこみ人生相談 お悩み募集中!