最近、なんとなく、物忘れが多くなってきた…。
そんなときに、「脳」を刺激するといいのですが、簡単にできるのが、いい匂いで周りを満たすこと!
認知症にも、「香り」が効くという話もあるようですよ!
今すぐ役に立つ『幸せを引き寄せる「香り」の習慣』より、ためしよみです。

*   *   *

匂いの感度を上げると物忘れがなくなる!

 大人になるにつれて、人の名前が思い出せなくなったりする、というのはよく聞きますね。学生のときにはどんどん暗記できていた記憶力はどこへ行ってしまったのだろうと情けなくなることがありませんか? しかし、記憶力は、本当にどんどん衰えているのでしょうか。
 お肌の衰えは、高級美容液をつけるなどすることで再生する可能性もありますが、基本的に脳の神経細胞は、再生しません。
 ですが、最近の研究の中で、嗅覚と密に関わる“鼻(び)腔(くう)の嗅細胞”や“海馬の細胞”については、(神経細胞のひとつでありながらも)再生する……ということがわかってきました。
 すなわち、匂いをキャッチする「嗅細胞」と、匂いと深い結びつきのある「海馬」は、日常の暮らしの中で匂いを取り入れた暮らしをすればするほど、活性化され、若返ってゆくということなのです。

 私は実際に、記憶が若返り、嗅覚が蘇る体験を目の当たりにしています。
 月に一度開催している「いい匂いのする化粧水を作ろうの会」に、80代の女性がいます。3年前に出会ったときは、ゆずの香りしか判別できず、それ以外を使用することは拒まれました。そこでまずは、化粧水にゆずの香りを入れて、使っていただくことにしました。化粧水をつけるたびにゆずの香りを感じたり、毎月作る化粧水に入れるための匂い選びをしているうちに、今では、10種類ほどのエッセンスの匂いを嗅ぎ分けることができるようになりました。
「今日の手作り化粧水はラベンダーにしようかしら?」といった具合に、匂いに関する会話が自然に生まれ、積極的にエッセンスの匂いを嗅ぐ姿を拝見することが増えました。「何を嗅いでも同じだから」とおっしゃっていた頃と別人のようです。
 香りに興味を持つようになって以来、その女性はみるみる若々しく美しくなっていきました。表情は豊かになり、以前よりおしゃべりも増え、肌も生き生きとしてきたようです。娘さんから「母の物忘れが、減った」と感謝されたとき、とても嬉しかったのを覚えています。
「最近、物忘れがひどくて……この先が心配だわ」という方がいらっしゃったら、まず、匂いの感度を上げてみてください。「匂いの感度」と「記憶の蓄積」は、比例しています。
 匂いの感度を上げることで物忘れを防げます。
 この取り組みは今、認知症やアルツハイマー病の予防・改善に効果がみられるということでメディアでもとても注目されています。
 そのなかでもっともポピュラーなレシピをお伝えしておきますね。暮らしの中に、ぜひこの匂いも取り入れてみてください。

認知症に注目されているブレンド
 朝 ローズマリー2滴・レモン1滴
 夜 ラベンダー2滴・オレンジ1滴
 使い方……各滴数をアロマペンダントに入れ、ペンダントから揮発する香りを嗅ぐ。

認知症に注目されているブレンドによる物忘れ防止ミストの作り方⇒詳しくは本書をお読みください!
 

この記事をシェア
この連載のすべての記事を見る

★がついた記事は無料会員限定

関連書籍

成田麻衣子『幸せを引き寄せる「香り」の習慣』
→試し読み・電子書籍はこちら
→書籍の購入はこちら(Amazon)