誰もが、一度は使ったことがあるんじゃないでしょうか。青春18きっぷ。
これは、青春真っ只中! の人しか使えない切符というわけではありません。大人になっても使えます。
香川さんが、鈍行列車を乗り継いで、3日もかけて広島から仙台まで出かけた理由とは? そして、そこに待っていた、キラキラの出会いとは?

*   *   *


エッセイ
青春列車

「カタン、コトン」と列車が枕木を鳴らす。
渇いたリズミカルな音に耳を澄ましていると、まるで打楽器の演奏のように聞こえてくる。打楽器にしては、かなり大がかりだけど。
車窓を流れてゆく青葉が、太陽の光を透かして輝きながら揺れる。
目的地までは、まだまだ時間がかかるみたいだ。
ゆりかごのような揺れに身を任せて、荷物にもたれる。

カタン、コトン カタン、コトン

少し眠ろう―――。

ここから先は会員限定のコンテンツです

幻冬舎plusの会員登録(無料)をすると…すべての会員特典を見る
  • 会員限定の記事が読み放題に
  • 会員限定イベントに参加できる
  • プレゼント抽選に参加できる
  • ストア利用でポイントが貯まる

会員の方はログインして続きをお楽しみください

この記事をシェア
この連載のすべての記事を見る

★がついた記事は無料会員限定