毎日を1%ずつ新しく生きる! 刺激と感動のマガジン&ストア

★がついた記事は無料会員限定

2016.06.10

ミニアルバム発売記念・短期集中をもうちょっと続けるよエッセイ7

青春18きっぷは、僕にとっては「大人へのきっぷ」だった。

歌う旅人・香川 裕光

青春18きっぷは、僕にとっては「大人へのきっぷ」だった。

 誰もが、一度は使ったことがあるんじゃないでしょうか。青春18きっぷ。
これは、青春真っ只中! の人しか使えない切符というわけではありません。大人になっても使えます。
香川さんが、鈍行列車を乗り継いで、3日もかけて広島から仙台まで出かけた理由とは? そして、そこに待っていた、キラキラの出会いとは?

*   *   *


エッセイ
青春列車

「カタン、コトン」と列車が枕木を鳴らす。
渇いたリズミカルな音に耳を澄ましていると、まるで打楽器の演奏のように聞こえてくる。打楽器にしては、かなり大がかりだけど。
車窓を流れてゆく青葉が、太陽の光を透かして輝きながら揺れる。
目的地までは、まだまだ時間がかかるみたいだ。
ゆりかごのような揺れに身を任せて、荷物にもたれる。

カタン、コトン カタン、コトン

少し眠ろう―――。

ログイン

ここから先は会員限定のコンテンツ・サービスとなっております。

無料の会員登録で幻冬舎plusを更に楽しむ!会員特典をもっと見る

会員限定記事が読める

バックナンバーが読める

電子書籍が買える

イベントに参加できる

★がついた記事は無料会員限定

記事へのコメント コメントする

コメントを書く

コメントの書き込みは、会員登録とログインをされてからご利用ください

この記事を読んだ人にはこんな記事もおすすめです
  • 我欲にまみれた20兆円産業の闇を突く。
  • 過去最大ボリュームでお届けする、著者渾身の一作!
  • 夫との最後の日々が教えてくれた、人生の真実。
  • 新聞にこそ、世の中の仕組みが詰まっているのです!
  • 爆笑、号泣。こんな猫本ずるすぎる! !
  • このまま足踏みはしていられない――。
  • “イヤミスの女王”との呼び声高い真梨幸子の作品はこちら
  • ひたむきにあがき続ける女性を描いた、胸が締め付けられる短編集
  • 心に「ない」を抱える人々を痛いほど繊細に描いた代表作
  • 愛する父母との最後を過ごした“すばらしい日々”
よく生きることと、よく死ぬことは、同じこと。
ピクシブ文芸、はじまりました!
エキサイトeブックス
今だけ!プレゼント情報
かけこみ人生相談 お悩み募集中!