毎日を1%ずつ新しく生きる! 刺激と感動のマガジン&ストア

3月30日(木)14時~20時にシステムメンテナンスを行います

★がついた記事は無料会員限定

2016.06.07

『満洲難民』(井上卓弥著)が講談社ノンフィクション賞候補に!

幻冬舎plus編集部

『満洲難民』(井上卓弥著)が講談社ノンフィクション賞候補に!

 井上卓弥さん(毎日新聞学芸部編集委員)の『満洲難民~三八度線に阻まれた命~』(小社刊)が、第38回講談社ノンフィクション賞の最終候補作に選ばれました。

 書籍部門の他の候補作は、井戸まさえ『無戸籍の日本人』(集英社)、小熊英二『生きて帰ってきた男 ―ある日本兵の戦争と戦後』(岩波書店)、長谷川康夫『つかこうへい正伝 1968-1982』(新潮社)、牧村康正・山田哲久『「宇宙戦艦ヤマト」をつくった男 西崎義展の狂気』(講談社)の計5作品です。


『満洲難民~三八度線に阻まれた命~』は、1945年8月、満州から朝鮮半島北部に逃れた「日本人難民」の悲劇に初めて光を当てたノンフィクションです。

 発表は7月20日。

 幻冬舎plusでは過去に本書のダイジェスト記事を掲載しています。
 第1回 悲劇は1945年8月9日に始まった
 第2回 骨と皮だけにやせ衰えた子どもたち
 第3回 38度線を目指し、決死の脱出行
 第4回 「僕を穴のなかに埋めないでね」
 第5回 「日本人難民」という戦後史の闇

「戦後70年」が過ぎても、歴史の悲劇を記憶し、そこから学び続けなければならないことに変わりはありません。
 ぜひ井上さんの受賞を願いつつ、記事や本をお読みいただけると幸いです。

★がついた記事は無料会員限定

記事へのコメント コメントする

コメントを書く

コメントの書き込みは、会員登録とログインをされてからご利用ください

この記事を読んだ人にはこんな記事もおすすめです
  • 我欲にまみれた20兆円産業の闇を突く。
  • 過去最大ボリュームでお届けする、著者渾身の一作!
  • 夫との最後の日々が教えてくれた、人生の真実。
  • 新聞にこそ、世の中の仕組みが詰まっているのです!
  • 爆笑、号泣。こんな猫本ずるすぎる! !
  • このまま足踏みはしていられない――。
  • “イヤミスの女王”との呼び声高い真梨幸子の作品はこちら
  • ひたむきにあがき続ける女性を描いた、胸が締め付けられる短編集
  • 心に「ない」を抱える人々を痛いほど繊細に描いた代表作
  • 愛する父母との最後を過ごした“すばらしい日々”
我欲にまみれた20兆円産業の闇を突く。
ピクシブ文芸、はじまりました!
エキサイトeブックス
今だけ!プレゼント情報
かけこみ人生相談 お悩み募集中!