秀吉&官兵衛はチームワークも良く、次々に奇想天外な作戦を立てては、毛利軍をやっつけていきます。強敵の毛利を、どんな方法で追い詰めていったのでしょうか。
秀吉&官兵衛は「戦わずに、戦に勝つ」のが好きだったそうですが、いったいそれって、どういうこと!?
いやはや、戦国時代、いろんな戦い方があったものです。大自然をも味方につけた、知恵の勝負を、とくとご覧あれ!

      *   *   *

【はじまりはいつも雨で終わりはいつもウォーターワールド】

黒田官兵衛パート5となりました。
今回は趣向を変えて…とか思っておりましたが、何も変えずにおさらいから行かせて頂きます。

松寿丸を殺せと信長が命令。

官兵衛、牢獄から解放。

松寿丸、半兵衛にかくまってもらってた。

播磨平定。

官兵衛、大名になる。

播磨(兵庫の下あたりだよ)、摂津(大阪だよ)、但馬(兵庫の上あたりだよ)をゲットできた秀吉たちのネクストターゲットは、いよいよ中国地方。
次に攻めるのは、但馬のお隣、因幡国(鳥取だよ)。
秀吉たちは、鳥取城(ってお城)を取りかこ…

山名豊国「参りました」

すぐ降参します。思ったよりすぐ。

ここから先は会員限定のコンテンツです

幻冬舎plusの会員登録(無料)をすると…すべての会員特典を見る
  • 会員限定の記事が読み放題に
  • 会員限定イベントに参加できる
  • プレゼント抽選に参加できる
  • ストア利用でポイントが貯まる

会員の方はログインして続きをお楽しみください

この記事をシェア
この連載のすべての記事を見る

★がついた記事は無料会員限定

関連書籍

房野史典『笑って泣いてドラマチックに学ぶ 超現代語訳・戦国時代』
→書籍の購入はこちら(Amazon)