毎日を1%ずつ新しく生きる! 刺激と感動のマガジン&ストア

3月30日(木)14時~20時にシステムメンテナンスを行います

★がついた記事は無料会員限定

2016.06.15

本日の「北欧神話」の言葉 その9

「心を穢すことは誰にもできない」

杉原 梨江子

「心を穢すことは誰にもできない」

新刊『自分を信じる 超訳「北欧神話」の言葉』(編訳・杉原梨江子)より、今日のあなたを励ます言葉をお届けします。


心を穢すことは誰にもできない  ―自分について
人は誰でも清らかな心を持っています。
優しく、賢く、美しい。
どんな屈辱や理不尽な仕打ちを受けようと、穢すことはできない純粋な心です。
人生には嫌なこと、苦しいことはいくらでも起きますが、「自分の心は穢されない」と誓いましょう。【ギュルヴィの惑わし22】

世の中はあなたを傷つけるものであふれていますから。嫌な目にあったとき、黒い邪念が心に湧きあがろうとしたらぐっと止めるんです。ひどいことをした相手のことをいつまでも考えたりしないんです。光の神バルドルの教え。自分の心を守ること。人生をよりよく生きるためには大切な心構えです。
 

★がついた記事は無料会員限定

記事へのコメント コメントする

コメントを書く

コメントの書き込みは、会員登録とログインをされてからご利用ください

この記事を読んだ人にはこんな記事もおすすめです
  • 我欲にまみれた20兆円産業の闇を突く。
  • 過去最大ボリュームでお届けする、著者渾身の一作!
  • 夫との最後の日々が教えてくれた、人生の真実。
  • 新聞にこそ、世の中の仕組みが詰まっているのです!
  • 爆笑、号泣。こんな猫本ずるすぎる! !
  • このまま足踏みはしていられない――。
  • “イヤミスの女王”との呼び声高い真梨幸子の作品はこちら
  • ひたむきにあがき続ける女性を描いた、胸が締め付けられる短編集
  • 心に「ない」を抱える人々を痛いほど繊細に描いた代表作
  • 愛する父母との最後を過ごした“すばらしい日々”
よく生きることと、よく死ぬことは、同じこと。
ピクシブ文芸、はじまりました!
エキサイトeブックス
今だけ!プレゼント情報
かけこみ人生相談 お悩み募集中!