新刊『自分を信じる 超訳「北欧神話」の言葉』(編訳・杉原梨江子)より、今日のあなたを励ます言葉をお届けします。


心を穢すことは誰にもできない  ―自分について
人は誰でも清らかな心を持っています。
優しく、賢く、美しい。
どんな屈辱や理不尽な仕打ちを受けようと、穢すことはできない純粋な心です。
人生には嫌なこと、苦しいことはいくらでも起きますが、「自分の心は穢されない」と誓いましょう。【ギュルヴィの惑わし22】

世の中はあなたを傷つけるものであふれていますから。嫌な目にあったとき、黒い邪念が心に湧きあがろうとしたらぐっと止めるんです。ひどいことをした相手のことをいつまでも考えたりしないんです。光の神バルドルの教え。自分の心を守ること。人生をよりよく生きるためには大切な心構えです。
 

この記事をシェア
この連載のすべての記事を見る

★がついた記事は無料会員限定