毎日を1%ずつ新しく生きる! 刺激と感動のマガジン&ストア

★がついた記事は無料会員限定

2016.06.05

「黒田官兵衛」第4回

黒田官兵衛と竹中半兵衛。この時代が誇るトップ・オブ頭脳!この二人の間には、涙涙の友情物語があったのでした。

房野 史典〔ブロードキャスト!!〕

黒田官兵衛と竹中半兵衛。この時代が誇るトップ・オブ頭脳!この二人の間には、涙涙の友情物語があったのでした。

囚われの身になってしまった黒田官兵衛。でも、それを知らない織田信長は「官兵衛のやつ裏切った!」ってことになり、官兵衛の息子を見せしめの死罪に――。
電話もパソコンもない時代、正確な事情を知る手段がないと、こんな哀しいことが起こりうるのですね。
今回は、ハンカチじゃ足りないと思うので、バスタオルを用意してお読みください。

*   *   *

【ツバサとミサキ、ヨウイチとカズマ、ルカワとハナミチ、ゴンとキルア】

では、黒田官兵衛パート4となります。
いきなりおさらい。

播磨に秀吉来る。

官兵衛、半兵衛と協力して城落としたりする。

裏切り者続出。

荒木村重を説得にいく。

牢獄に閉じ込められる。

荒木村重を説得に行った官兵衛でしたが、有岡城の土牢(土をくりぬいたり、掘ったりして出来た牢屋だよ)に閉じ込められてしまいました。
官兵衛からの連絡が何もない以上、これは裏切りだと決定する、織田信長。そうと決まれば、人質としてあずかっている官兵衛の息子・松寿丸を殺せ、と指令を出します。
秀吉は松寿丸の命乞いをしたのですが、その願いも受け入れてもらえないため、事情を知った竹中半兵衛が、信長の元に走ります。

竹中半兵衛「松寿丸を殺せとのご命令が出たとうかがいました」
織田信長「そうだ」
半兵衛「どうかお考え直し頂けないでしょうか? ここで松寿丸を手にかければ、…

ログイン

ここから先は会員限定のコンテンツ・サービスとなっております。

無料の会員登録で幻冬舎plusを更に楽しむ!会員特典をもっと見る

会員限定記事が読める

バックナンバーが読める

電子書籍が買える

イベントに参加できる

★がついた記事は無料会員限定

関連書籍

房野史典『笑って泣いてドラマチックに学ぶ 超現代語訳・戦国時代』
→書籍の購入はこちら(Amazon)

 

記事へのコメント コメントする

コメントを書く

コメントの書き込みは、会員登録とログインをされてからご利用ください

この記事を読んだ人にはこんな記事もおすすめです
  • ひたむきにあがき続ける女性を描いた、胸が締め付けられる短編集
  • 心に「ない」を抱える人々を痛いほど繊細に描いた代表作
  • 愛する父母との最後を過ごした“すばらしい日々”
  • 日本人よ、挑戦に身を投げろ!
  • 今まで明かしてこなかった「若さを保つ」ための整体の知恵を惜しげなく公開!
  •  終電族のみなさん、おつかれさまです!
  • 俺はまだ、神に愛されているだろうか?
  • 二人は運命を共にし、男を一人殺すことにした
  • 激動の戦後政治を牽引した田中角栄の、生き様
  • 全五巻構想、大河小説第一弾!!
心に「ない」を抱える人々を痛いほど繊細に描いた代表作。
ピクシブ文芸、はじまりました!
エキサイトeブックス
今だけ!プレゼント情報
かけこみ人生相談 お悩み募集中!