戦国時代の軍師のなかでも、とびきり人気の高いのが、黒田官兵衛!
今NHK大河ドラマで「真田丸」をやってますが、2014年には、「軍師官兵衛」をやっていましたね。岡田准一さんが官兵衛を演じてました。それはもう、かっこよかった…!
秀吉を天下人にのし上げたのが、官兵衛だと言われてます。戦国時代を、「黒田官兵衛」という軸で見ると、そこで繰り広げられるドラマがますます面白くなります。
今回から、官兵衛です。「真田三代」に続き、お楽しみください!

*   *   *

【ごめんね素直じゃなくて。人を欺くのが好きだけどハートは万華鏡なの】

「軍師」。
戦において、その作戦を考える人。
君主(大名)の戦略指揮を助ける職務。
参謀役。

今回から新シリーズをみなさんにお伝えできたらなと思います。
その節はたいへんお世話になりました。
本当にありがとうございます。親も喜んでおります。
このシリーズも何卒宜しくお付き合い下さい。

さて、上に書きました「軍師」というのは、戦国時代、大名の横にいた参謀(作戦計画するやつ)のことです。
実際には、当時は「軍師」という役職はなかったそうです。
「軍配者」ってのがそれにあたるものだったといわれてます。軍配者っていうのは、陰陽道とか占いを使って、合戦の指示をした人です。占いで、合戦の日取りや方角も決めてたんですね。

大名「この日戦いたいんですけど…」
軍配者「ダメダメダメ! その日行ったら負けるって! ダメよダメダメ!」

みたいな感じで、かなり重要視されたポジションでした。

ここから先は会員限定のコンテンツです

幻冬舎plusの会員登録(無料)をすると…すべての会員特典を見る
  • 会員限定の記事が読み放題に
  • 会員限定イベントに参加できる
  • プレゼント抽選に参加できる
  • ストア利用でポイントが貯まる

会員の方はログインして続きをお楽しみください

この記事をシェア
この連載のすべての記事を見る

★がついた記事は無料会員限定

房野史典『笑って泣いてドラマチックに学ぶ 超現代語訳・戦国時代』

マンガみたいに読めて、ドラマよりもワクワク。笑いあり涙ありの戦国物語。
「応仁の乱のきっかけになったお家騒動のドロドロ度は、“昼ドラ”レベルだった」「関ヶ原の戦い、実は一日で終わっちゃったって知ってた?」「映画『ホーム・アローン』で活躍する子供みたい! 3倍の兵を持つ家康を打ち負かした、真田の嘘と知恵と心理作戦とは?」など、超現代風な語り口で、複雑な戦国の歴史がみるみる頭に入り、日本史が一気に身近になる!
芥川賞作家・又吉直樹(ピース)さんも大絶賛、東大生もびっくりしたというウワサの一冊。

房野史典『笑えて、泣けて、するする頭に入る 超現代語訳 幕末物語』

歴史の先生も大絶賛。マンガみたいに読めて、ドラマよりもワクワクな、幕末ドラマ。
「ロックな男・吉田松陰は、プリズンライフをエンジョイして、牢獄を学校にしちゃった」「まさかの西郷どん、二度の自殺未遂」「『幕府はオワコンだからね!』と勝海舟。『惚れたー!』と西郷隆盛。英雄同士が出会い、時代が動く!」「《大政奉還》は、薩長VS土佐の、アクション映画さながらのぎりぎりの攻防戦だった!」など、超現代風なアプローチで、歴史がぐっと親しみやすく……!
ヒーロー多すぎ、悲劇続きすぎ、“想定外”ありすぎの超フクザツな幕末時代が、ここまで面白くなりました!