『ザ・タワー』や、喋る人面魚育成の『シーマン』をはじめとする新機軸のゲームを作り続けてきたゲームクリエイター斎藤由多加氏と、『ニコニコ動画』の全企画を起ち上げてきたプロデューサー横澤大輔氏。この二人のカリスマの頭の中を赤裸々に公開する酒場談義発進!(構成:納富廉邦)

*  *  *

斎藤 ニコ動なんかはさ、討論番組なんかやってても、そこに別の反応が入ってくるからさ、そこに別の価値が生まれてると思うの。

横澤 そのために僕らは余白がない完璧なものを作らないっていう不文律があって。余白がないものを作ってしまうと、コメントが良いか悪いかだけの評価になってしまうんです。僕らも最初は完璧なものを目指して作るんですけど、そこから削いでいくんです。ここにコメントが来たら、それによって成り立つように、と。そういう余白をどう作るかがニコニコ動画でのコンテンツ性を上げることになるんです。

ここから先は会員限定のコンテンツです

幻冬舎plus 4周年キャンペーン中。豪華賞品が総計100名様に当たる
幻冬舎plusの会員登録(無料)をすると…すべての会員特典を見る
  • 会員限定の記事が読み放題に
  • 会員限定イベントに参加できる
  • プレゼント抽選に参加できる
  • ストア利用でポイントが貯まる

会員の方はログインして続きをお楽しみください

この記事をシェア
この連載のすべての記事を見る

★がついた記事は無料会員限定

関連書籍

斎藤由多加『社長業のオキテ ~ゲームクリエイターが遭遇した会社経営の現実と対策~』
→書籍の購入はこちら(Amazon)


サイトウ・アキヒロ『ゲームニクスとは何か 日本発、世界基準のものづくり法則』
→試し読み・電子書籍はこちら
→書籍の購入はこちら(Amazon)