『ザ・タワー』や、喋る人面魚育成の『シーマン』をはじめとする新機軸のゲームを作り続けてきたゲームクリエイター斎藤由多加氏と、『ニコニコ動画』の全企画を起ち上げてきたプロデューサー横澤大輔氏。この二人のカリスマの頭の中を赤裸々に公開する酒場談義発進!(構成:納富廉邦)

*  *  *

斎藤 アメリカ合衆国っていうのは俺たちの認識の中では、自由と平等の象徴みたいな国で、フェアで全ての人に平等の機会を保証してて、政教分離を宣言してて、って感じじゃない? でもさ、アメリカ大統領が就任する時、なんで聖書に手を当てて神に宣誓するんだろ? おいおいなんだよこの矛盾は? ってところがたくさんある(笑)。

「日本は曖昧だ、はっきりしろ」と言われ続けてきたけど、アメリカは「はっきり言い切ってる割にやけに矛盾だらけじゃねえか?」ってことがなんだか最近ばれてきちゃってる。

ここから先は会員限定のコンテンツです

幻冬舎plusの会員登録(無料)をすると…すべての会員特典を見る
  • 会員限定の記事が読み放題に
  • 会員限定イベントに参加できる
  • プレゼント抽選に参加できる
  • ストア利用でポイントが貯まる

会員の方はログインして続きをお楽しみください

この記事をシェア
この連載のすべての記事を見る

★がついた記事は無料会員限定

関連書籍

斎藤由多加『社長業のオキテ ~ゲームクリエイターが遭遇した会社経営の現実と対策~』
→書籍の購入はこちら(Amazon)


サイトウ・アキヒロ『ゲームニクスとは何か 日本発、世界基準のものづくり法則』
→試し読み・電子書籍はこちら
→書籍の購入はこちら(Amazon)