斎藤 来年から高速道路の制限速度が20kmほど緩和されるってニュースがありました。横澤さん、あのニュースをどう捉えてます?

横澤 警察が権益を手放したな、と理解してます。

斎藤 僕もそう思った。日本の高速道路って実際の走行速度より、体感値で時速X0kmほど低めに設定されているじゃないですか? 制限速度で走行するとかなり無理がある路線が多い。そのXkmの幅ってのが所轄の警察に預託されている、いわば「余白権益」だと思うんだけど、ついにそれを手放す時がきたかーと。

ここから先は会員限定のコンテンツです

幻冬舎plusの会員登録(無料)をすると…すべての会員特典を見る
  • 会員限定の記事が読み放題に
  • 会員限定イベントに参加できる
  • プレゼント抽選に参加できる
  • ストア利用でポイントが貯まる

会員の方はログインして続きをお楽しみください

この記事をシェア
この連載のすべての記事を見る

★がついた記事は無料会員限定

関連書籍

斎藤由多加『社長業のオキテ ~ゲームクリエイターが遭遇した会社経営の現実と対策~』
→書籍の購入はこちら(Amazon)


サイトウ・アキヒロ『ゲームニクスとは何か 日本発、世界基準のものづくり法則』
→試し読み・電子書籍はこちら
→書籍の購入はこちら(Amazon)