毎日を1%ずつ新しく生きる! 刺激と感動のマガジン&ストア

★がついた記事は無料会員限定

2016.05.19

うつの気分も「香り」で解消!

成田 麻衣子

うつの気分も「香り」で解消!

「うつ病」とまではいかなくても、なんか落ち込んでしまう。元気が出ない。――と悩む人はたくさんいるでしょう。
そんなときも、味方になってくれるのが「香り」です。
薬を飲むと、副作用もあるし、合わないこともありますが、香りだったら、使いやすいですね。いい匂いが、邪魔になることはないですから、すぐにも始めてみてください。
注目の新刊『幸せを引き寄せる「香り」の習慣』より、なるほどナットクのページをご紹介です。

      *  *  *

 

香りがうつ病に効く

 日本では、うつ病の方が400万~800万人いると言われていますが、実際に医療機関を受診される方は100万人にすぎません。
「なんだか、体調がすぐれないなぁ」という方から、「不眠」に悩む方まで、うつ病の症状の幅は広く、程度も様々です。うつ病は心療内科や精神科で抗うつ剤を処方してもらうなどの適切な処置を受ければ治る病気ですが、薬で治すことに抵抗感がある方がまだまだ多いようです。また、うつ病とまではいかない「うつ状態」で悩む人もいて、そういう方は、通院までは考えないようです。

 そこで、香りを使った治療法をご紹介しましょう。
 環境や感情の変化にあわせて、血液循環、呼吸、体温調節、ホルモン分泌などをコントロールしているのが自律神経です。自律神経には、交感神経と副交感神経があり、シーソーのような関係でバランスをとっています。
 自律神経失調症とは、このバランスが乱れていることですが、ストレス過多な状況の場合、交感神経が常に優位な状態になってしまい、副交感神経がうまくはたらかなくなっています。
 症状としては、動悸(どうき)、息切れ、疲労感、冷えやのぼせ、イライラ、不安感、不眠です。自律神経は「好き嫌い」という感情に左右されるので、好きな匂いを取り入れることで、このバランスを整えることができます。
 アロマテラピー(芳香療法)すなわち「香りを用いた療法」が、うつに効くことをご存じの方もいるでしょう。
 例えば、オレンジ・スイートの香りは、1970年代に入って、ミラノの植物誘導体研究所所長のパオロ・ロベスティが「うつや神経症に効果がある」と言ったことが知られており、昨今の老人ホームなどで積極的に取り入れられています。
 やさしい匂いを嗅ぐと気持ちが緩みますね。気持ちが緩むと筋肉の緊張が取れ、血液循環がよくなるという素敵な連鎖が起こります。
 これから日々の疲れは、香りを取り入れながらセルフケアしていきましょう。
 

★がついた記事は無料会員限定

関連書籍

成田麻衣子『幸せを引き寄せる「香り」の習慣』
→試し読み・電子書籍はこちら
→書籍の購入はこちら(Amazon)

記事へのコメント コメントする

コメントを書く

コメントの書き込みは、会員登録とログインをされてからご利用ください

この記事を読んだ人にはこんな記事もおすすめです
  • 俺はまだ、神に愛されているだろうか?
  • 二人の“ハル”が、あの3月11日、東京で出会った——。
  • 希望が芽吹く傑作長編
  • 「上から目線」の憲法を、思わず笑い転げそうになる口語訳にしてみました。
  • 数字の苦手な人でも飛躍的な成果を上げられるノウハウを開陳!
  • 結果を出すため0のカギを握るのは、「余裕=ゆとり」
  • 麻生幾、浦賀和宏、小路幸也らによる書き下ろしミステリー小説が100円で発売!
  • 「いっそ、二人で殺そうか。あんたの旦那」
  • どうしたら女性であることを楽しめるのでしょうか?
  • あの子は、私の子だ。 血の繋がりなんて、 なんだというのだろう。
春の幻冬舎plus感謝祭
結果を出すため0のカギを握るのは、「余裕=ゆとり」
どうしたら女性であることを楽しめるのでしょうか?
エキサイトeブックス
今だけ!プレゼント情報
かけこみ人生相談 お悩み募集中!