毎日を1%ずつ新しく生きる! 刺激と感動のマガジン&ストア

★がついた記事は無料会員限定

2016.05.12

思考優位の人間は鈍感で仕草さが粗くなる

尹 雄大

思考優位の人間は鈍感で仕草さが粗くなる

※本記事は電子書籍化・電子書籍化準備のため公開を終了しました。書籍化情報は下記の「関連書籍」をご参照ください。

★がついた記事は無料会員限定

関連書籍

【この連載が電子書籍になりました!】尹雄大『断食で変わったぼくのカラダ』

希望小売価格:400円(税別)
→試し読み・電子書籍の購入はこちら(幻冬舎plus)
→電子書籍の購入はこちら(Amazon)

「寂しさ」を埋めるために食べすぎていたのかもしれない――。
そう気づいたのは、断食を始めてからだった。
食べることを控えた1週間で、「食べない不安」に振り回されるのではなく、その不安を客観的に見据えることができるようになった。
断食でどんどん変わる、食欲、睡眠、感情、行動……。
カラダの感覚が研ぎ澄まされていく過程と、満たされない感情の在り処を丁寧に探った稀有な記録。

 

記事へのコメント コメントする

コメントを書く

コメントの書き込みは、会員登録とログインをされてからご利用ください

この記事を読んだ人にはこんな記事もおすすめです
  • 神仏のご加護をもらうコツを全編書き下ろし
  • 山本周五郎賞受賞作『後悔と真実の色』続編
  • 麻生幾、浦賀和宏、小路幸也らによる書き下ろしミステリー小説が100円で発売!
  • 結果を出すため0のカギを握るのは、「余裕=ゆとり」
  • どうしたら女性であることを楽しめるのでしょうか?
  • 俺はまだ、神に愛されているだろうか?
  • 「上から目線」の憲法を、思わず笑い転げそうになる口語訳にしてみました。
  • 「日本3.0」時代を生き抜くための必読書
  • からだを若く保つ、整体の知恵
  • 10分以内で作れて、洗い物も少なめ、一皿で食べられるヘルシーレシピ集
神仏のご加護をもらうコツを全編書き下ろし
山本周五郎賞受賞作『後悔と真実の色』続編
エキサイトeブックス
今だけ!プレゼント情報
かけこみ人生相談 お悩み募集中!