新しい町に引っ越したばかりで、居心地良く仕事ができるお店をまだ発見できていない。
 ファストフードかファミレスか喫茶店かカフェか。コーヒーショップでもいい。新しい家は駅に近すぎて常に人が多く、なんとなく落ち着くお店が見つからない。なんせ、仕事を始めてしまうと二、三時間その店に居座ることになる。混んでいるお店では邪魔者扱いされるし、店員さんに優しくされすぎても申し訳なくなってしまう。お客さんのことなんか気にしていない店員がまあまあの仕事をしていて、がらがら過ぎず混みすぎず、値段も高すぎず、テーブルが広く、珈琲がそこそこ美味しいお店。それが理想。

ここから先は会員限定のコンテンツです

幻冬舎plusの会員登録(無料)をすると…すべての会員特典を見る
  • 会員限定の記事が読み放題に
  • 会員限定イベントに参加できる
  • プレゼント抽選に参加できる
  • ストア利用でポイントが貯まる

会員の方はログインして続きをお楽しみください

この記事をシェア
この連載のすべての記事を見る

★がついた記事は無料会員限定

関連書籍

狗飼恭子『遠くでずっとそばにいる』

27歳の朔美は、会社を辞めた日に事故で10年分の記憶を失った。高校時代の部活仲間を頼りに思い出を辿っていくが、浮き彫りになるのはどこまでも孤独な自分。会いたい人がいるはずもない彼女に贈られた、差出人不明のバースデーカードは、思いもよらない事故の真実を明らかにする……。人を愛しぬく苦しみと切なさを描いた感涙の恋愛ミステリ。