石原さとみさんのような色っぽいくちびるに憧れる人も多いことでしょう。赤リップなどくちびるを際立たせるメイクも盛んです。さて、そんなくちびるを美容皮膚科の女医さんはどんなふうに見ているのでしょうか?


「唇よ、熱く君を語れ!」「不思議なピーチパイ」「春咲小紅」

 こんにちは。美容皮膚科医の吉田貴子です。さて、見出しに並んだ言葉たち、これらはなんだかわかりますか? すべて、1970年から1980年代にヒットした口紅CMのキャッチコピーです。今でも通用するコピーが並んでいます。CMソングも竹内まりやさんや矢野顕子さんが歌いミリオンセラーになったので、世代が違う方でも懐かしのヒット曲として一度は耳にしたことがあるかもしれません。30年前も今もくちびるは女性のお顔の印象をつくるパーツとして、目と並んでダントツの存在感、横顔のエステティックライン(鼻、くちびる、あごを結ぶライン)をつくる大切なもの。今回はそんなくちびるのお話です。

ここから先は会員限定のコンテンツです

幻冬舎plusの会員登録(無料)をすると…すべての会員特典を見る
  • 会員限定の記事が読み放題に
  • 会員限定イベントに参加できる
  • プレゼント抽選に参加できる
  • ストア利用でポイントが貯まる

会員の方はログインして続きをお楽しみください

この記事をシェア
この連載のすべての記事を見る

★がついた記事は無料会員限定