毎日を1%ずつ新しく生きる! 刺激と感動のマガジン&ストア

3月30日(木)14時~20時にシステムメンテナンスを行います

★がついた記事は無料会員限定

2016.05.04

第4回

「筋トレをすれば痩せる」は間違い

山本 ケイイチ

「筋トレをすれば痩せる」は間違い

  統計をとったわけではありませんが、筋トレを始める動機で、おそらくいちばん多いのは「痩せたい」。でも、「筋トレすれば痩せる」はどうやら間違った常識のようです。
 2008年の刊行以来、着々と版を重ね、現在13万部のベストセラー『仕事ができる人はなぜ筋トレをするのか』。著者であるトレーニング伝道師・山本ケイイチさんに解説してもらいましょう。

* * *

●筋トレと体重を落とすことはまったく逆のこと

「筋トレで日頃から体を鍛えている人」と言われてまずイメージするのは、脂肪がついていない引き締まった体つきだろう。だから筋トレをすれば痩せられると思う人は多いと思う。

 しかし、筋トレの本来の効果は、筋肉をつけ出力をアップさせることにある。筋肉を増やすのは「ビルドアップ」、体重を落とすのは「ウェイトロス」。ベクトルとしてはまったく逆を向いている。

 これまで何も運動をしていなかった人が、1日1回、300キロカロリーを消費する筋トレを始めたとすれば、毎日300キロカロリー分ずつ痩せていきそうに思われる。

 しかし、残念なことに運動をすると腹が減る。腹が減るのは体が栄養分を欲するサインだ。筋肉にダメージを与える運動をすれば、体は筋肉を再生するだけの栄養分を要求する。筋肉をつけるとは、体内で新しい物質を合成するということだから、当然、その分の栄養を供給しなければいけないわけだ。それを無理やり我慢して激しい筋トレを続けたら、痩せる以前に、体を壊して倒れてしまう。

 また筋肉を主に構成するのは、たんぱく質から成る筋肉細胞だが、筋肉が増えるときには筋肉細胞が増えるだけではない。それにともなって体内の水分も増える。

 牛肉や豚肉を食べるとき、焼いて水分を抜いた状態だと大した量には見えなくても、生肉のときにはかなりのボリュームがあることを想像してもらえれば分かりやすいだろう。

 要するに、筋肉をつけるとは、その分、体が重くなることなのだ。減量目的で筋トレをしようとする人は、まずそのことをきちんと認識する必要がある。

⇒次ページ[「基礎代謝を上げれば痩せられる」の落とし穴]に続く

★がついた記事は無料会員限定

『仕事ができる人はなぜ筋トレをするのか』(山本ケイイチ)

書籍の購入はこちら(Amazon
電子書籍はこちら

記事へのコメント コメントする

コメントを書く

コメントの書き込みは、会員登録とログインをされてからご利用ください

この記事を読んだ人にはこんな記事もおすすめです
  • 我欲にまみれた20兆円産業の闇を突く。
  • 過去最大ボリュームでお届けする、著者渾身の一作!
  • 夫との最後の日々が教えてくれた、人生の真実。
  • 新聞にこそ、世の中の仕組みが詰まっているのです!
  • 爆笑、号泣。こんな猫本ずるすぎる! !
  • このまま足踏みはしていられない――。
  • “イヤミスの女王”との呼び声高い真梨幸子の作品はこちら
  • ひたむきにあがき続ける女性を描いた、胸が締め付けられる短編集
  • 心に「ない」を抱える人々を痛いほど繊細に描いた代表作
  • 愛する父母との最後を過ごした“すばらしい日々”
よく生きることと、よく死ぬことは、同じこと。
ピクシブ文芸、はじまりました!
エキサイトeブックス
今だけ!プレゼント情報
かけこみ人生相談 お悩み募集中!