毎日を1%ずつ新しく生きる! 刺激と感動のマガジン&ストア

★がついた記事は無料会員限定

2016.05.10

第2回

ニューヨークのトムボーイ<ジェシカの場合>

佐久間 裕美子

ニューヨークのトムボーイ<ジェシカの場合>

 大人になる過程で、自分がすぐ友達になれる女性には、いくつかタイプがあることがわかってきた。
 そのひとつが、「トムボーイ」と呼ばれるタイプの女性である。
 英語の辞書には「おてんば」と書いてある。けれど、感覚的には「男まさり」というニュアンスの方が近い気がする。「ガーリー(女性らしい)」の対極にある存在。

 子供の頃、男の子に生まれればよかったのに、と毎日のように思っていた。サッカーだって、スキーだって、どんなにがんばったって、スピードや力では絶対に勝てない。男の子の体を持っていたら、きっと立派に渡り合えるのに。

ログイン

ここから先は会員限定のコンテンツ・サービスとなっております。

無料の会員登録で幻冬舎plusを更に楽しむ!会員特典をもっと見る

会員限定記事が読める

バックナンバーが読める

電子書籍が買える

イベントに参加できる

★がついた記事は無料会員限定

記事へのコメント コメントする

コメントを書く

コメントの書き込みは、会員登録とログインをされてからご利用ください

この記事を読んだ人にはこんな記事もおすすめです
  • 爆笑、号泣。こんな猫本ずるすぎる! !
  • このまま足踏みはしていられない――。
  • “イヤミスの女王”との呼び声高い真梨幸子の作品はこちら
  • ひたむきにあがき続ける女性を描いた、胸が締め付けられる短編集
  • 心に「ない」を抱える人々を痛いほど繊細に描いた代表作
  • 愛する父母との最後を過ごした“すばらしい日々”
  • 日本人よ、挑戦に身を投げろ!
  • 今まで明かしてこなかった「若さを保つ」ための整体の知恵を惜しげなく公開!
  •  終電族のみなさん、おつかれさまです!
  • 俺はまだ、神に愛されているだろうか?
爆笑、号泣。こんな猫本ずるすぎる! !
ピクシブ文芸、はじまりました!
エキサイトeブックス
今だけ!プレゼント情報
かけこみ人生相談 お悩み募集中!