毎日を1%ずつ新しく生きる! 刺激と感動のマガジン&ストア

★がついた記事は無料会員限定

2016.04.27

第1回

筋肉は最強のビジネススキル

山本 ケイイチ

筋肉は最強のビジネススキル

  日頃運動をしていない人でも、思わず体を動かしたくなる、さわやかなこの季節。ぜひおすすめしたい1冊があります。トレーニング伝道師・山本ケイイチさんの『仕事ができる人はなぜ筋トレをするのか』。2008年の刊行以来、着々と版を重ね、現在13万部のベストセラーです。
 「体を鍛える必要は感じるけれど、なかなか踏み出せない」「フィットネスクラブに入ったものの、すぐ挫折してしまった」「ジムには通っているが、惰性になっている、マンネリ化している」――そんなあなたへ。
 「大胸筋を鍛えるには、ベンチプレスを、○キログラム×10回で3セット」といった具体的トレーニングメニューは一切出てこない、異色の筋トレ本である本書から、山本さんのアドバイスを5回にわたってお届けします。

* * *

●筋トレはメンタルに効く

 私の職業はパーソナルトレーナーである。パーソナルトレーナーとは、一対一でトレーニングの指導をするトレーナーのことだ。

 クライアントの中心は、経営者や企業に勤めるビジネスパーソンだ。

 いま現場でバリバリ働いている第一線のビジネスパーソンには、体を鍛えている人が非常に多い。彼らは忙しい中でもきちんと時間をとって、定期的に体を動かしている。ジムでウェイトトレーニングをするほか、水泳や、マラソンをする習慣を持つ人も増えている。

 とりわけ外資系企業に勤める若手ビジネスパーソンは、トレーニングをしている率が非常に高い。外国人は熱心にトレーニングをするから、同僚に影響される部分もあるだろう。ある外資系金融会社では、社員用のジムを社内に持っているほどだ。

 習慣的にトレーニングをすることは、自分の健康を保つことにつながるから、長く元気で働くための重要な自己投資の一つとなる。まさに「体が資本」の実践だ。
 しかしトレーニングのメリットは体に関することにとどまらない。

 トレーニングをすることによって、精神的にタフになる、思考がポジティブになる、直感力が高まる、クリエイティビティが磨かれるなど、メンタル面でのメリットもはかりしれない。

 激務の合間をぬってトレーニングに駆けつけるクライアントに日々接していると、これからのビジネスパーソンは、頭がいいだけでは勝ち残れないということを強く感じる。鍛えられた肉体は、もはやビジネススキルの一つなのである。

* * *

⇒次ページ「自分本来の輪郭を保つ」へ続く

★がついた記事は無料会員限定

『仕事ができる人はなぜ筋トレをするのか』(山本ケイイチ)

書籍の購入はこちら(Amazon
電子書籍はこちら

記事へのコメント コメントする

コメントを書く

コメントの書き込みは、会員登録とログインをされてからご利用ください

この記事を読んだ人にはこんな記事もおすすめです
  • 神仏のご加護をもらうコツを全編書き下ろし
  • 山本周五郎賞受賞作『後悔と真実の色』続編
  • 麻生幾、浦賀和宏、小路幸也らによる書き下ろしミステリー小説が100円で発売!
  • 結果を出すため0のカギを握るのは、「余裕=ゆとり」
  • どうしたら女性であることを楽しめるのでしょうか?
  • 俺はまだ、神に愛されているだろうか?
  • 「上から目線」の憲法を、思わず笑い転げそうになる口語訳にしてみました。
  • 「日本3.0」時代を生き抜くための必読書
  • からだを若く保つ、整体の知恵
  • 10分以内で作れて、洗い物も少なめ、一皿で食べられるヘルシーレシピ集
神仏のご加護をもらうコツを全編書き下ろし
山本周五郎賞受賞作『後悔と真実の色』続編
エキサイトeブックス
今だけ!プレゼント情報
かけこみ人生相談 お悩み募集中!