誇り高きビジネスパーソンなら、この言葉はなるべく使いたくない、と思うかも。でも上手に使えば、NO!のニュアンスをやんわりと匂わすことができるかも。

※第6回「スルーする」を英語で言うと… は5月18日(水)公開予定です。

この記事をシェア
この連載のすべての記事を見る

★がついた記事は無料会員限定

関連書籍

デイビッド・セイン、小池信孝著/絵:岡田丈
→【期間限定価格】電子書籍の購入はこちら
→書籍の購入はこちら(Amazon)