『化学探偵Mr. キュリー』がベストセラーになっているミステリー作家・喜多喜久さんの新刊『アルパカ探偵、街をゆく』が、幻冬舎文庫より発売となりました。
ア、アルパカ探偵!?
はい、そうです。その名の通り、この物語で活躍する探偵は、あの、もふもふしたアルパカです。
この街では、かつて愛していた人の生前の秘密を知ってしまい、悩み、苦しみ、悲しむ人の前に、アルパカが現れて、真実の扉を開けるヒントを教えてくれるのです。
夫が見知らぬ女性と写っている写真を見つけてしまった、老いた未亡人や、
死んだ娘の日記を読んで、“まさか”の事実を知ってしまった父など、
悩み深き人が登場しますが、最後に、ほっこり幸せな気持ちになれる癒し系ミステリーです。
ご興味を持ってくださった方のために、一部、試し読みを実施します!

……と、そんなとき、
この、世にもキュートな「アルパカ探偵」の4コマ漫画が、著者の喜多さんのもとに届いたとか!
さっそくですので、試し読みの前に、ご紹介しましょう。
「パカたん」こと漫画のアルパカ探偵は、原作のアルパカ探偵とはだいぶ雰囲気が違いますが(笑)、読書の合間に、ぜひお楽しみください。
この漫画を描いた届け主は誰なのか……謎に包まれています……。
 

 

 

 

楽しんでいただけましたか?
次回は、いよいよ『アルパカ探偵、街をゆく』の試し読み第1回です!

この記事をシェア
この連載のすべての記事を見る

★がついた記事は無料会員限定

関連書籍

喜多喜久『アルパカ探偵、街を行く』
→試し読み・電子書籍はこちら
→書籍の購入はこちら(Amazon)