毎日を1%ずつ新しく生きる! 刺激と感動のマガジン&ストア

★がついた記事は無料会員限定

2016.05.28

Vol.32

「女性アスリート」
柔肌にくるまれた闘志…
めくると火傷するわよ

壇蜜

「女性アスリート」<br />柔肌にくるまれた闘志…<br />めくると火傷するわよ

 最近お世話になった、私より少し年上の整体師のレディは、整体師以外に「レスラー」という肩書きもお持ちの方でした。昔のボーイフレンドが大のプロレス好きで一緒に試合観戦に行っていたこともあり、私もプロレスには興味がありました。ですから女性で、しかもこんな身近にその仕事をされている人がいらっしゃるとは…ただ驚くばかりでした。

 彼女は明るいハキハキとした美人でしたから、話しやすくてモテるだろうな…と思っておりましたが、もうひとつの肩書きのおかげでますます魅力に深みが増したように見えたのは気のせいでしょうか、強くて美しい…ロールプレイングゲームに出てきそうな女戦士を彷彿とさせます。うっかり惚れてしまっては向こうも困るでしょうから、惚れないことにしましたが。

 彼女のようなアスリートのレディたちは、「美しいのに強い」という(見方によっては)相反する魅力を兼ね備えた神秘性を感じます。現実の世界でも女性スポーツ選手は「妖精」や「女神」など語られ、神話のなかに出てくる女性陣は大抵強さとしなやかさを兼ね備えていますし(女神同志の争いは大抵力勝負で勝敗がついている気が…)、漫画の世界でも美しい女戦士なしでは読者が食いつかない…なんてこともあります。燃え上がる敢闘精神と闘争心を「女性性」で包んで生きているなんて…またうっかり惚れてしまいそうです。

 女性の姿のままでも、男装の麗人としても周囲を魅了する「美と強」の女神たち。日頃の鍛練はさぞかし苦しいものでしょうが、これからも憧れの対象として、気高い存在でいて欲しいものです。惚れたらごめんなさい。

 

【今月、壇蜜が気になったモノ】

母に貸した自宅の鍵が返ってきました。セキュリティを気にしてこんなに重装備なのですが、この紙は何処から…?

 

出典:『GINGER』2016年3月号より

★がついた記事は無料会員限定

雑誌『GINGER』について

定期購読はこちら

記事へのコメント コメントする

コメントを書く

コメントの書き込みは、会員登録とログインをされてからご利用ください

この記事を読んだ人にはこんな記事もおすすめです
  • 我欲にまみれた20兆円産業の闇を突く。
  • 過去最大ボリュームでお届けする、著者渾身の一作!
  • 夫との最後の日々が教えてくれた、人生の真実。
  • 新聞にこそ、世の中の仕組みが詰まっているのです!
  • 爆笑、号泣。こんな猫本ずるすぎる! !
  • このまま足踏みはしていられない――。
  • “イヤミスの女王”との呼び声高い真梨幸子の作品はこちら
  • ひたむきにあがき続ける女性を描いた、胸が締め付けられる短編集
  • 心に「ない」を抱える人々を痛いほど繊細に描いた代表作
  • 愛する父母との最後を過ごした“すばらしい日々”
よく生きることと、よく死ぬことは、同じこと。
ピクシブ文芸、はじまりました!
エキサイトeブックス
今だけ!プレゼント情報
かけこみ人生相談 お悩み募集中!