毎日を1%ずつ新しく生きる! 刺激と感動のマガジン&ストア

3月30日(木)14時~20時にシステムメンテナンスを行います

★がついた記事は無料会員限定

2016.04.28

Vol.31

「欧米ドラマの女子高生」
現実、遺伝子…
抗えないなら置かれた道で

壇蜜

「欧米ドラマの女子高生」<br />現実、遺伝子…<br />抗えないなら置かれた道で<br />

 12月3日を迎え、またひとつ年を取りました。日々の老化に粛々と対応していかなくてはなぁと化粧水をはたく手にも力が入ります。年を取るたびに思うのですが、自分が子供のころ想像していた「30代の半ばのワタシ像」と現在の自分とは大分違うと感じているのは私だけでしょうか。小さい頃のつたない想像力と、自分の母を色濃く参考にしながら生み出した「30代半ばのワタシ像」は現実と違っていて当然…というのが今の答えだと考えているので、特に「思っていたのと違う」や「~歳までに結婚するつもりだったのに」と落胆したりはしておりません。…そう思っていないとやってられない節もありますしね。

 最初に「想像しているような姿にはなれないんじゃないか」と疑い始めたきっかけは日本で放送されていた欧米のティーン向けドラマを観たときでした。当時私はティーンになったばかりで、欧米の高校の奔放さとお洒落な女子たちにすっかり夢中でした。もう少し大きくなったらこんな生活の中に飛び込める…!などと本気で思っていたのでした。しかし待っていたのは…骨格も学校も国も違うという現実。私服でボーイフレンドとタンデム登校し、お呼ばれしたホームパーティーでハプニング紛いのキス…という妄想は膝下スカートの制服を着て徒歩で登校し、寄り道や交際発覚は退学という規則つきの生活に打ち砕かれたのでした。

 「こうありたい」を捨て、目を覚ました現在の世界も悪いものではありません。「理想なんて大人になって破壊されるためにあるのよ…」とリア充欧米女子高生に教えてもらった気がしました。荒療治だったけど。

 

【今月、壇蜜が気になったモノ】

 カレンダー撮影のためハワイへ行きました。    さすがは常夏、働き手が私より薄着です。

 

 出典:『GINGER』2016年2月号より

★がついた記事は無料会員限定

雑誌『GINGER』について

定期購読はこちら

記事へのコメント コメントする

コメントを書く

コメントの書き込みは、会員登録とログインをされてからご利用ください

この記事を読んだ人にはこんな記事もおすすめです
  • 我欲にまみれた20兆円産業の闇を突く。
  • 過去最大ボリュームでお届けする、著者渾身の一作!
  • 夫との最後の日々が教えてくれた、人生の真実。
  • 新聞にこそ、世の中の仕組みが詰まっているのです!
  • 爆笑、号泣。こんな猫本ずるすぎる! !
  • このまま足踏みはしていられない――。
  • “イヤミスの女王”との呼び声高い真梨幸子の作品はこちら
  • ひたむきにあがき続ける女性を描いた、胸が締め付けられる短編集
  • 心に「ない」を抱える人々を痛いほど繊細に描いた代表作
  • 愛する父母との最後を過ごした“すばらしい日々”
よく生きることと、よく死ぬことは、同じこと。
ピクシブ文芸、はじまりました!
エキサイトeブックス
今だけ!プレゼント情報
かけこみ人生相談 お悩み募集中!