今年の幻冬舎文庫キャラクターを務めていただくのは、EXILE/三代目J Soul Brothersの岩田剛典さん!
その岩田さんに、幻冬舎文庫の作品の中から、特に思い入れのある4冊を選んでいただきました。
さて、それぞれの作品にどんな思いがあるのでしょうか――。


『植物図鑑』(有川浩)
6月に公開される映画の原作。
初めての主演を務めた作品なので、思い入れもひとしおです。

 

『あたっく№1』(樫田正剛)
戦争が人にもたらす狂気を
目の当たりにした気がしました。


『Bボーイサラリーマン』(EXILE HIRO)
いつも自分の原点を思い出させてくれる
HIROさんの言葉が詰まっています。

 

『たった一人の熱狂』(見城徹)
身体の芯に響く言葉の数々。
僕は人生を学びました。

この記事をシェア
この連載のすべての記事を見る

★がついた記事は無料会員限定