毎日を1%ずつ新しく生きる! 刺激と感動のマガジン&ストア

3月30日(木)14時~20時にシステムメンテナンスを行います

★がついた記事は無料会員限定

2016.04.15

幻冬舎文庫の春まつり企画

幻冬舎文庫
20年間のランキング ベスト5

幻冬舎文庫

幻冬舎文庫<br />20年間のランキング ベスト5

幻冬舎文庫の20年間で、一番売れた作品はどれでしょうか?
ランキングはこちらです!

 1位 『大河の一滴』   五木寛之
 2位 『プラチナデータ』 東野圭吾
 3位 『リアル鬼ごっこ』 山田悠介
 4位 『阪急電車』    有川浩
 5位 『モンスター』   百田尚樹

 

1位 『大河の一滴』(五木寛之)
「人生は苦しみと絶望の連続だと、あきらめることからはじめよう」――生きる力をくれる珠玉の一冊。
「幻冬舎」という社名を命名してくださったのが五木寛之さんです。
 

2位 『プラチナデータ』(東野圭吾)
DNA操作システム、天才数学者の死、陰謀……キーワードだけでもドキドキの壮大なエンターテインメント。
二宮和也(嵐)主演で映画化。
 

3位 『リアル鬼ごっこ』(山田悠介)
このタイトルが、もはや事件でした! 
もとは自費出版作品が、映画化6回、TVドラマ化1回。


4位 『阪急電車』(有川浩)
この作品を片手に阪急電車に乗る人が増えたという噂! 
中谷美紀主演で映画化もされた、ほっこり胸キュンの連作短編集。


5位 『モンスター』(百田尚樹)
醜すぎる女が、整形手術で絶世の美女に。彼女は幸せになれるのか!? 
 

★がついた記事は無料会員限定

記事へのコメント コメントする

コメントを書く

コメントの書き込みは、会員登録とログインをされてからご利用ください

この記事を読んだ人にはこんな記事もおすすめです
  • 我欲にまみれた20兆円産業の闇を突く。
  • 過去最大ボリュームでお届けする、著者渾身の一作!
  • 夫との最後の日々が教えてくれた、人生の真実。
  • 新聞にこそ、世の中の仕組みが詰まっているのです!
  • 爆笑、号泣。こんな猫本ずるすぎる! !
  • このまま足踏みはしていられない――。
  • “イヤミスの女王”との呼び声高い真梨幸子の作品はこちら
  • ひたむきにあがき続ける女性を描いた、胸が締め付けられる短編集
  • 心に「ない」を抱える人々を痛いほど繊細に描いた代表作
  • 愛する父母との最後を過ごした“すばらしい日々”
よく生きることと、よく死ぬことは、同じこと。
ピクシブ文芸、はじまりました!
エキサイトeブックス
今だけ!プレゼント情報
かけこみ人生相談 お悩み募集中!