毎日を1%ずつ新しく生きる! 刺激と感動のマガジン&ストア

★がついた記事は無料会員限定

2013.03.15

第2回 清水ミチコ

「芸」と「人」

「芸」と「人」

 

 酒井順子&清水ミチコの二人の“芸"達者が、付かず離れず、自由自在に「芸能」を掘る、掛け合いエッセイ『芸と能』が10/22(木)に発売となります。ユーミン、紅白、モノマネ、歌舞伎、ディズニーランド、ハロウィン、タモリ、森光子……などなど、超もりだくさん。「芸能」のあれこれを酒井順子と清水ミチコが縦横無尽に語りまくります。 
今回は、リレーエッセイのそれぞれ第一回目を公開。笑って深いエッセイを、どうぞお楽しみください。


 

 

 酒井さん、こんにちは。

まずはオリジナリティに溢れながら誰にもわかるという素晴らしきタイトル、(「芸」と「能」)、どうもありがとうございました。おかげさまでいい連載になりそうですね。

こういう言葉のチョイスも芸の一種だと思うのですが、「芸人」という言葉といっしょで、こっちは誉めてるつもりで口にしても、ひょいと失礼になっちゃいそうで、むつかしい時がありますね。

この「芸人」という言葉、昔はそこはかとなく悲しい響きだったのに、今は全くウエットでもなく、ふつうにカラッと使われるようになりました。むしろちょっといいカンジ、にすらなっているかもしれません。

ブームって凄いですね。言葉の印象まで変えてしまうという。

私がテレビ業界に入った頃は(1987年)、お笑い系の女性の数はまだぜんぜん少なかったものでした。

当時は山田邦子さん、久本雅美さん、野沢直子さんなど、数えるくらいしかおらず、お笑いの現場に女子がいる、というだけで珍重されてたようなフシがありました。今はやおら増えてきたので、居場所が大変そうですが、この世代たるやスッカスカだったのです。

女性の楽屋はいつもがらーん。

「今思えばトクしてたよね〜、これで昨日や今日デビューなんかしててみ、芽が出んことよ」

などと先日も同輩と話をしました。ライバルがいない広さ、珍味でいられる責任の軽さ、ネットもない自由さ。

って、当時は実はそんな事にも気がついちゃいませんでしたが、振り返ればありがたい時代だったのだ、と、今ごろになってしみじみわかる。

ところでこないだTVを観てたら、東野幸治さんがこんな事を言ったので、私はとても驚きました。

「関西にはつい最近までモノマネ文化なんて、なかったんですよ〜」

 えええ〜! そうなの?

 びっくりです。

東西で多少の違いはあろうとも、てっきり全国的に似たようなものだとばかり思っていたので。言われてみれば、関西でモノマネ芸人がいるとか、モノマネのショーパブがあって、などという話はあんまり聞いたことがないような。

 ありそうなのに、なかったのか!

 すごく不思議です。

  つか、この話がたいして有名でないこと自体も、本当はめちゃめちゃ驚きではないでしょうか。 しかも、この発言を聞いた時のまわりのタレントたちもまた、落ち着いたものというか、まったく驚きがなく、サラ〜ッと、次の話へと流れて行っちゃった。

 私は声を大にして言いたいほどでした。

 聞こえてました〜? 関西にはモノマネ文化がなかったんだって!! アタシびっくりしちゃったあ〜! と。

 メガホンつきで。

 ま、誰か一緒に驚いて欲しかったんですね。ここで叫ばせてもらいました。

いつのまにか細分化された演芸というもの、実はごく最近誕生したみたいなものであって、もしかしたらまだそんなに歴史は長くはないのかなあ、などとぼんやり思いました。女性のお笑い文化なんてのも、まだまだ本当は誕生したて、なのかもしれません。

芸能の原点と言えば歌になるのでしょうか。

八代亜紀さんのお話が書いてありましたが、私も彼女がジャズを歌った最近のCDを持っておりました。「日本のヘレン・メリル」をあらわしているかのようなジャケットもよかったです。

ただ一つ、「いそしぎ」と「五木の子守唄」のかけ合わせは苦しいもんがあり、正直これだけは酸っぱい珍味、奇妙な果実でした。音階だけ似てるようで、曲の核が違うこの違和感。

でも、まわりに聞いても、そんなに酸っぱい? 食べられなくはないじゃん、ってなもんでしたので、私だけらしい。

でもつくづく音楽の冗談は難しいもんだなあ、と感じた次第です。あ、これは冗談でやってないぞ、と言われちゃうか。

高校時代、「THE SHADOW OF YOUR SMILE」という曲が、日本語で「いそしぎ」と呼ばれていたことにも、(どこがいそしぎなんだ!)と一人イラついていたという苦い思い出が蘇りました。(映画「いそしぎ」のテーマ曲だったと、後で知ったのですが。)

どうもこの曲は私をイラ立たせる運命にあるようです。

清水ミチコ

 
酒井順子さんの第一回リレー記事「八代亜紀」はこちら

★がついた記事は無料会員限定

関連書籍

 

酒井順子、清水ミチコのリレーエッセイ
『芸と能』
書籍はこちら(Amazon)





酒井順子『おばあさんの魂』
電子書籍はこちら
書籍はこちら(Amazon) 

 


清水ミチコ『主婦と演芸』
電子書籍はこちら
書籍はこちら(Amazon)


清水ミチコ/三谷幸喜『たてつく二人』
電子書籍はこちら
書籍はこちら(Amazon)

記事へのコメント コメントする

コメントを書く

コメントの書き込みは、会員登録とログインをされてからご利用ください

この記事を読んだ人にはこんな記事もおすすめです
  • 実家に久しぶりに帰った姉が、引きこもり中の弟に大事な相談を持ちかける
  • 美人かどうかは目元で決まる。
  • 不確かな未来と冒険の物語を、その情熱で捕まえて、前へ進め!!
  • 異世界に転生した冒険者の視点から、経営のコツとビジネススキルが学べる、異色のビジネスライトノベル。
  • ワケあり男女がシェアハウスに!
  • 人気芸人の、笑って、共感して、思わず沁みるエッセイ集。
  • 物語が、海を超えてつながった——!
  • 専門知識不要、伸び続ける投資法のしくみがわかる
  • シンギュラリティに向かう時代のビジネスチャンスを読み解く、必読の一冊。
  • 神仏のご加護をもらうコツを全編書き下ろし
実家に久しぶりに帰った姉が、引きこもり中の弟に大事な相談を持ちかける
美人かどうかは目元で決まる。
学生限定 全商品10%キャッシュバック中!
今だけ!プレゼント情報
かけこみ人生相談 お悩み募集中!