毎日を1%ずつ新しく生きる! 刺激と感動のマガジン&ストア

3月30日(木)14時~20時にシステムメンテナンスを行います

★がついた記事は無料会員限定

2016.04.13

宮下奈都さんの『羊と鋼の森』が「本屋大賞」受賞!

幻冬舎 編集部

宮下奈都さんの『羊と鋼の森』が「本屋大賞」受賞!

全国の書店員が一番売りたい本を選ぶ「2016年本屋大賞」が12日発表され、宮下奈都さんの『羊と鋼の森』(文藝春秋)が、大賞に輝きました。

都内で行われた授賞式には、投票に参加した多くの書店員が全国から集まり、宮下さんに自作のPOPを手渡すなど受賞を祝い、大いに盛り上がりました。

宮下さんは、過去の受賞者の中でも「知名度の低さは抜群」と言い、少ない部数から始まった作品が大賞に選ばれたことへの感謝を伝え、「奇跡みたいな夜を忘れずに生きていきます」と語りました。宮下さんの素敵なスピーチに、お祝いに駆け付けた編集部一同も思わず落涙。感動の一夜となりました。

宮下さん、本当におめでとうございました!

幻冬舎からは、『ふたつのしるし』という作品が出ています。優等生の遥名と落ちこぼれのハル。不器用なふたりのせつなすぎる恋愛小説です。ぜひお読みください!(O)

★がついた記事は無料会員限定

記事へのコメント コメントする

コメントを書く

コメントの書き込みは、会員登録とログインをされてからご利用ください

この記事を読んだ人にはこんな記事もおすすめです
  • 我欲にまみれた20兆円産業の闇を突く。
  • 過去最大ボリュームでお届けする、著者渾身の一作!
  • 夫との最後の日々が教えてくれた、人生の真実。
  • 新聞にこそ、世の中の仕組みが詰まっているのです!
  • 爆笑、号泣。こんな猫本ずるすぎる! !
  • このまま足踏みはしていられない――。
  • “イヤミスの女王”との呼び声高い真梨幸子の作品はこちら
  • ひたむきにあがき続ける女性を描いた、胸が締め付けられる短編集
  • 心に「ない」を抱える人々を痛いほど繊細に描いた代表作
  • 愛する父母との最後を過ごした“すばらしい日々”
よく生きることと、よく死ぬことは、同じこと。
ピクシブ文芸、はじまりました!
エキサイトeブックス
今だけ!プレゼント情報
かけこみ人生相談 お悩み募集中!