毎日を1%ずつ新しく生きる! 刺激と感動のマガジン&ストア

★がついた記事は無料会員限定

2016.04.14

vol.2

ファースト・コンタクト(出産当日 その2)

三崎 亜記

ファースト・コンタクト(出産当日 その2)<br />

 

 なし崩しに緊急帝王切開になった妻ちゃんは、病院内のどことも知れない手術室に連行されていった。夫さんはお義母さんと二人で、病室で待つしかなかった。

「うーん、予想と違うなあ……」

 夫さんは、思わずそうつぶやいた。

 分娩室から赤ちゃんのか細い産声が聞こえてきて、「生まれましたよー」と助産師さんが笑顔で顔をのぞかせる。夫さんは、まだ羊水にまみれた赤ちゃんとファースト・コンタクトする……。

 そんな予想は、まるっきり裏切られた。

「あたしー、パパと、そんなありきたりな出逢いは、したくないのー」

 赤ちゃんが、お腹の中でそう言ってほくそ笑んでるのが見えるみたいだ。

「そんなサプライズ演出は、いらないんだけどなー……」

 夫さんは、ノイローゼになったオランウータンみたいに、狭い病室をぐるぐると歩き回ることしかできなかった。

 

「赤ちゃんだけ、先に戻ってきましたよー」

 看護師さんに声をかけられたのは、妻ちゃんが「強制連行」されていってから、一時間も経った頃だった。

 お義母さんと一緒に、病院の廊下で、赤ちゃんとの初対面を果たす。

「こりゃあ、出て来んばい……」

 それが、夫さんとお義母さんの第一声だった。

 生まれたての赤ちゃんって、触れたら壊れそうな、はかなくってか弱いイメージじゃないか。

 それなのに、目の前の赤ちゃんときたら……。

 夫さんが漫画家だったら、「ババーン!」とか「ドンっ!」とか効果音を入れただろう。どっしりとしていて、落ち着きはらった態度だ。すでに「ベテラン赤ちゃん」としてのオーラがにじみ出まくっている。

 

 3848グラム!

 

 赤ちゃん識別カードには、その数字が燦然と光り輝いている。予想していた3キロ未満という希望的観測とは大違いだった。

 お腹の中から無理やり引き出そうと吸引器を使ったせいで、頭のてっぺんは火山の噴火口みたいになっていて痛々しい。それでも赤ちゃんは、泣きもせずに、のほほーんとしている。

「あたしー、快適なお腹の中にいたのにー、ここはいったい、どこかしらー?」

 そんな様子で、のん気に周囲を見渡して、あくびなんかをしている。

 過積載違反のついでに、細身偽装っていう大罪を犯したせいで、ママは、お婆さんと赤ずきんちゃんを飲み込んだオオカミ状態で苦しんでいたっていうのに……。

 

「のほほんとしてるなあ……」

 

 我が家の娘、ノホホンとの、ファースト・コンタクトだった。

 十三日の金曜日、ついでに大安という、めでたいんだか不吉なんだかよくわからない日に、ノホホンは生まれた。

 

 

★がついた記事は無料会員限定

記事へのコメント コメントする

コメントを書く

コメントの書き込みは、会員登録とログインをされてからご利用ください

この記事を読んだ人にはこんな記事もおすすめです
  • 俺はまだ、神に愛されているだろうか?
  • 二人の“ハル”が、あの3月11日、東京で出会った——。
  • 希望が芽吹く傑作長編
  • 「上から目線」の憲法を、思わず笑い転げそうになる口語訳にしてみました。
  • 数字の苦手な人でも飛躍的な成果を上げられるノウハウを開陳!
  • 矢三郎の「阿呆の血」が騒ぐ!
  • 麻生幾、浦賀和宏、小路幸也らによる書き下ろしミステリー小説が100円で発売!
  • 「いっそ、二人で殺そうか。あんたの旦那」
  • 夫との最後の日々が教えてくれた、人生の真実。
  • あの子は、私の子だ。 血の繋がりなんて、 なんだというのだろう。
「数学的コミュニケーション入門」講座
麻生幾、浦賀和宏、小路幸也らによる書き下ろしミステリー小説が100円で発売!
希望が芽吹く傑作長編
エキサイトeブックス
今だけ!プレゼント情報
かけこみ人生相談 お悩み募集中!