毎日を1%ずつ新しく生きる! 刺激と感動のマガジン&ストア

★がついた記事は無料会員限定

2016.03.18

栄転の喜びも束の間!?
働かない部下に悩む町奉行の実態!

幻冬舎plus編集部

栄転の喜びも束の間!?<br />働かない部下に悩む町奉行の実態!

 人気大爆発の時代小説作家・上田秀人さんの『町奉行内与力奮闘記二 他人の懐』が発売になりました! このシリーズは、上田さんが初めて町奉行所を舞台に展開する波乱の物語です。

 第一巻『立身の陰』で大坂町奉行だった曲淵甲斐守(まがりぶちかいのかみ)が、今作では江戸町奉行になります。これは、「大阪府警察本部長が、東京都知事になったほどの栄転」です。曲淵甲斐守の部下・城見亨が内与力(うちよりき)に任ぜられるのですが、この役職の何と気を遣うことか! 上田さんは内与力を「秘書室長」に例えていらっしゃいますが、与力や同心が言うことを聞かないわ、利権争いに巻き込まれるわで、「亨、頑張れ!」と言いたくなるほどの奮闘ぶりです。
 

写真を拡大
現代社会でもこのような苦しみを味わっている人はたくさんいそうです。


 手に汗握る物語展開を楽しめるのはもちろんですが、本作では、知っているようで詳しくはわからない「町奉行」の実態を学べます。未読の方はぜひ読んでみてください!

 

写真を拡大
装丁:多田和博 装画:西のぼる

<あらすじ>
「他人の懐へ手出ししてきたのはそちらではないか」。江戸町奉行に栄転早々、寺社奉行から因縁をつけられた曲淵甲斐守。配下の町方が富くじの余得を奪おうとしたのが原因だという。衝突回避のため内与力の城見亨が奔走するが、利権が絡む暗闘ゆえ闇は深い。やがて騒動は吉原に飛び火。甲斐守と亨の信念は町方の強欲にのまれるか。波乱の第二弾。

Amazonはこちら
電子書籍はこちら

★がついた記事は無料会員限定

記事へのコメント コメントする

コメントを書く

コメントの書き込みは、会員登録とログインをされてからご利用ください

この記事を読んだ人にはこんな記事もおすすめです
  • 俺はまだ、神に愛されているだろうか?
  • 二人の“ハル”が、あの3月11日、東京で出会った——。
  • 希望が芽吹く傑作長編
  • 「上から目線」の憲法を、思わず笑い転げそうになる口語訳にしてみました。
  • 数字の苦手な人でも飛躍的な成果を上げられるノウハウを開陳!
  • 結果を出すため0のカギを握るのは、「余裕=ゆとり」
  • 麻生幾、浦賀和宏、小路幸也らによる書き下ろしミステリー小説が100円で発売!
  • 「いっそ、二人で殺そうか。あんたの旦那」
  • どうしたら女性であることを楽しめるのでしょうか?
  • あの子は、私の子だ。 血の繋がりなんて、 なんだというのだろう。
春の幻冬舎plus感謝祭
結果を出すため0のカギを握るのは、「余裕=ゆとり」
どうしたら女性であることを楽しめるのでしょうか?
エキサイトeブックス
今だけ!プレゼント情報
かけこみ人生相談 お悩み募集中!