あれは小学校低学年の頃だったか。

 朝の食卓で辛子明太子ひと腹をぺろりとたいらげたら、父が顔をしかめて、

「こいつは大酒呑みになる」

 といったが、まさしくそうなった。

 大酒呑みの常として辛いものには目がない。どのくらい目がないかといえば、市販のカレーなら三十倍や四十倍の激辛にガラムマサラや唐辛子を足して食べる。

ここから先は会員限定のコンテンツです

幻冬舎plusの会員登録(無料)をすると…すべての会員特典を見る
  • 会員限定の記事が読み放題に
  • 会員限定イベントに参加できる
  • プレゼント抽選に参加できる
  • ストア利用でポイントが貯まる

会員の方はログインして続きをお楽しみください

この記事をシェア
この連載のすべての記事を見る

★がついた記事は無料会員限定

関連書籍

福澤徹三『ジューン・ブラッド』

→試し読み・電子書籍はこちら

→書籍の購入はこちら(Amazon)


福澤徹三『壊れるもの』

→試し読み・電子書籍はこちら

→書籍の購入はこちら(Amazon)


福澤徹三『再生ボタン』

→試し読み・電子書籍はこちら

→書籍の購入はこちら(Amazon)


福澤徹三『自分に適した仕事がないと思ったら読む本 落ちこぼれの就職・転職術』

→試し読み・電子書籍はこちら

→書籍の購入はこちら(Amazon)


福澤徹三『もうブラック企業しか入れない 会社に殺されないための発想』

→試し読み・電子書籍はこちら

→書籍の購入はこちら(Amazon)