毎日を1%ずつ新しく生きる! 刺激と感動のマガジン&ストア

3月30日(木)14時~20時にシステムメンテナンスを行います

★がついた記事は無料会員限定

2016.02.22

名匠・東陽一監督、常盤貴子さん×池松壮亮初競演! 9月全国公開。

常盤貴子さんがストーカー主婦に!
井上荒野さんの長篇小説『だれかの木琴』映画化決定。

常盤貴子さんがストーカー主婦に!<br />井上荒野さんの長篇小説『だれかの木琴』映画化決定。

 直木賞作家井上荒野さんの『だれかの木琴』の映画化が発表になりました。平凡な主婦・小夜子が美容師・海斗から一本の営業メールを受け取ったこときっかけに、彼への執着をエスカレートさせ狂気に堕ちて行く様を、息苦しいまでに痛切に綴った長篇小説です。
“ストーカー主婦”を演じるのは常磐貴子さん。ストーカーに遭いながらも、どこか冷酷に対峙する美容師に池松壮亮さん。監督は、「もう頬づえはつかない」「橋のない川」「わたしのグランパ」などの名匠・東陽一さん。

 

 以下、井上荒野さんからの映画化によせてのメッセージです。
「だれかの木琴」はストーカーの物語です。「少しずつ」「だんだん」の物語でもあります。ごく普通の主婦が、ほんの些細なきっかけで、少しずつ、だんだんくるっていく。どこで間違ったのか。どこまで戻ればやり直せるのか。そんなことを考えながら観てくださると嬉しいです。
 一方で、原作と映画とは、べつものであるとも考えています。映画でしかできない表現というものがあります。ラストシーンで使う予定だという音楽について聞いたときゾクゾクしました。私の小説が、東陽一監督によってどんなふうに料理され、あらたな容貌を見せるのか。私自身も楽しみにしています。

 公開は今年9月の予定です。お楽しみに!

 

★がついた記事は無料会員限定

関連書籍

井上荒野『だれかの木琴』
→試し読み・電子書籍はこちら
→書籍の購入はこちら(Amazon)

記事へのコメント コメントする

コメントを書く

コメントの書き込みは、会員登録とログインをされてからご利用ください

この記事を読んだ人にはこんな記事もおすすめです
  • 我欲にまみれた20兆円産業の闇を突く。
  • 過去最大ボリュームでお届けする、著者渾身の一作!
  • 夫との最後の日々が教えてくれた、人生の真実。
  • 新聞にこそ、世の中の仕組みが詰まっているのです!
  • 爆笑、号泣。こんな猫本ずるすぎる! !
  • このまま足踏みはしていられない――。
  • “イヤミスの女王”との呼び声高い真梨幸子の作品はこちら
  • ひたむきにあがき続ける女性を描いた、胸が締め付けられる短編集
  • 心に「ない」を抱える人々を痛いほど繊細に描いた代表作
  • 愛する父母との最後を過ごした“すばらしい日々”
よく生きることと、よく死ぬことは、同じこと。
ピクシブ文芸、はじまりました!
エキサイトeブックス
今だけ!プレゼント情報
かけこみ人生相談 お悩み募集中!