清原逮捕に揺れるプロ野球界を憂う広岡達朗からの遺言。
3月4日(金)、単行本にさきがけて電子書籍を緊急出版決定!

野球賭博事件で激震が走ったプロ野球界が、今度は清原和博の逮捕で衝撃を受けた。
スプリングキャンプを始めたばかりの監督や選手たちは「寂しい」「残念だ」と驚いたが、野球界は元スーパースターの転落を他人事のように眺めるだけでいいのか。

単行本表紙イメージ

清原覚せい剤使用、野球賭博、高橋新監督の課題……。
セ・パ両リーグでチームを日本一に導いた名監督・広岡達朗氏が、巨人軍さらには日本のプロ野球界全体が抱える問題点を指摘、再生への道を提言する書籍『巨人への遺言 プロ野球 生き残りの道』を幻冬舎より発売いたします。

幻冬舎では初の取り組みとして、単行本発売にさきがけて、2016年3月4日(金)に、ダイジェスト版電子書籍(価格100円)を先行配信いたします。



電子限定ダイジェスト版 目次】
 巨人・高橋新監督の課題
 清原を責めるだけでいいのか
 原・巨人の敗因
 阿部の後継者を育てなかった巨人のコーチ
 メジャーからの復帰選手は1年契約・出来高優先にしろ
 阿部、松坂、藤川、黒田、イチローは引退して指導者になれ
 松井は巨人に帰ってくる
 正力松太郎が泣いている
 巨人の賭博事件は氷山の一角

【商品情報】
・電子書籍
『巨人への遺言 プロ野球 生き残りの道 電子限定ダイジェスト版』広岡達朗 著
 発売日 2016年3月4日(金) ※先行配信
                 ※電子書店によっては遅れる場合があります
 価格 100円(税抜き)※電子書店によって異なる場合があります
 発行 株式会社 幻冬舎 
 販売先 
幻冬舎plus楽天koboiBooksBookLive!Reader Storehontoなど
     主要電子書店

・単行本 
『巨人への遺言 プロ野球 生き残りの道』広岡達朗 著
 発売日 2016年3月16日(水)予定 
 価格 1,100円(予価)

 

この記事をシェア
この連載のすべての記事を見る

★がついた記事は無料会員限定